最後の日

 

AfrikaansShqipአማርኛالعربيةՀայերենAzərbaycan diliEuskaraБеларуская моваবাংলাBosanskiБългарскиCatalàCebuanoChichewa简体中文繁體中文CorsuHrvatskiČeština‎DanskNederlandsEnglishEsperantoEestiFilipinoSuomiFrançaisFryskGalegoქართულიDeutschΕλληνικάગુજરાતીKreyol ayisyenHarshen HausaŌlelo Hawaiʻiעִבְרִיתहिन्दीHmongMagyarÍslenskaIgboBahasa IndonesiaGaeligeItaliano日本語Basa Jawaಕನ್ನಡҚазақ тіліភាសាខ្មែរ한국어كوردی‎КыргызчаພາສາລາວLatinLatviešu valodaLietuvių kalbaLëtzebuergeschМакедонски јазикMalagasyBahasa MelayuമലയാളംMalteseTe Reo MāoriमराठीМонголဗမာစာनेपालीNorsk bokmålپښتوفارسیPolskiPortuguêsਪੰਜਾਬੀRomânăРусскийSamoanGàidhligСрпски језикSesothoShonaسنڌيසිංහලSlovenčinaSlovenščinaAfsoomaaliEspañolBasa SundaKiswahiliSvenskaТоҷикӣதமிழ்తెలుగుไทยTürkçeУкраїнськаاردوO‘zbekchaTiếng ViệtCymraegisiXhosaיידישYorùbáZulu

すると弟子たちは彼に言った、「…教えてください、これらのことはいつになるのでしょうか? そして、あなたの到来のしるし、そして世界の終わりのしるしは何でしょうか?

イエスは彼らに答えて言われた、「だれもあなたを欺かないように気をつけなさい」。 多くの人がわたしの名によって来て、「わたしはキリストです」と言っています。 そして多くを欺くでしょう。 そして、あなたがたは戦争と戦争のうわさを聞くでしょう、あなたがたはこれらすべてのことが実現しなければならないので悩まされていないのを見てください、しかし終わりはまだです。

なぜなら、国々は国に対して、王国は王国に対して立ち上がるからである。そして、飢饉、疫病、地震がダイバーの場所で起こるであろう。 これらはすべて悲しみの始まりです。」 〜マタイ24:3b-8

「そして、多くの偽預言者が立ち上がり、多くの人を欺くでしょう。 そして、不法がたくさんあるので、多くの人の愛は冷たくなります。 しかし、最後まで耐える者は、同じことが救われるでしょう。

そして、王国の福音は、すべての国々への証人として全世界で宣べ伝えられるでしょう。 そして、終わりが来るでしょう。」 〜マタイ24:11-14

「しかし、その日と時間は、だれも、いや、天の天使ではなく、私の父だけを知っています。

しかし、ノアの時代がそうであったように、人の子の到来もそうなるでしょう。 洪水の前の日と同じように、彼らはノアが箱舟に入る日まで、食べたり飲んだり、結婚したり、結婚したりしていたので、洪水が来るまで知らなかったので、彼ら全員を連れ去りました。 人の子の到来もそうなるでしょう。」 〜マタイ24:36-39

ですから、あなたがたも準備をしなさい。あなたがたが人の子が来るとは思わないような時間に。 「〜マタイ24:44

t18_500x375.jpg(41875バイト) 

ああ、準備はいいですか? 主が来るときに主に会う準備はできていますか? 不信者は通常の活動を続けなければならない。 彼らは彼の警告に耳を傾けません。 彼らはノアの時代のように流されます。 火は地球とそこにあるすべてのものを焼き尽くすでしょう。

主は夜に泥棒として来るでしょう。 天国の天使でさえ、時間を知りません。 救いの日は永遠に閉じられます。 いのちの書に名前が書かれていなかったため、多くの人が入場を拒否されます。

ああ、魂よ、彼の厳粛な警告に注意してください! 毎日、ニュースで、それは同じ古いもの、別の話です。 戦争と戦争の噂。 地震の頻度と強度が増加しています。 主の日が近づいています。 福音はインターネットを通じて遠隔地で説教されています。 主は彼の到来の危機に瀕しています。

彼の接近のしるしが近くに集まっています。 主は地球を焼き尽くそうとしています。 彼は新しい天と新しい地を造るでしょう。 主を信じなかった者は、悪しき者を焼き尽くすであろう。

聖書はこう言っています。「あなたがたは海峡の門に入る。広いのは門であり、広いのは道であり、それは滅びにつながる。そして多くの人が海峡に入る。海峡は門であり、狭いのは道だからである。 、それは人生につながります、そしてそれを見つける人はほとんどいません。」 〜マタイ7:13-14

親愛なる魂、  

あなたが今日死んでいたという保証がありますか あなたは天国に主の前にいるでしょうか? 信者にとっての死は、永遠の命に開かれる入り口にすぎません。

イエスの中で眠りに落ちる人々 天国で彼らの愛する人たちと再会します。 あなたが墓に置いた涙の中で、 あなたは喜んで彼らに再び会うでしょう! ああ、彼らの笑顔を見て、彼らのタッチを感じるために… 二度と手放すな!

しかし、もしあなたが主を信じないのなら、あなたは地獄に行くのです。 それを言う楽しい方法はありません。

聖書は、「すべての人が罪を犯し、神の栄光を手に入れることができない」と言っています。〜ローマ人への手紙3:23

 「もしあなたがあなたの口で主イエスを告白し、神が死から復活させられたことをあなたの心に信じなければならないならば、あなたは救われるべきです。」〜ローマ人10:9

 あなたが天国の場所にいると確信するまで、イエスがいなくても眠らないでください。

 今夜、あなたが永遠の命の賜物を受けたいのなら、まずあなたは主を信じなければなりません。 あなたは自分の罪を赦し、あなたの信頼を主に委ねるよう求めなければなりません。 主を信じる者となるために、永遠のいのちを求めなさい。 天国への道は一つしかありません。それは主イエスを通してです。 それが神のすばらしい救いの計画です。

 次のような祈りを心から祈ることによって、彼との個人的な関係を始めることができます。

 「ああ、神よ、私は罪人です。 私は私の人生のずっと罪人でした。 許してください、主よ。 私は私の救い主としてイエスを受け入れます。 私は彼を私の主として信頼します。 私を救ってくれてありがとう。 イエスの名において、アーメン。」

 あなたが個人的な救い主として主イエスを受け取ったことが一度もないが、この招待を読んだ後に今日彼を受け取ったことがあるならば、私たちに知らせてください。 私たちはあなたから話を聞くのが大好きです。 あなたの名前は十分です。

今日、私は神と平和を作りました…

神との新しい生活を始めるには…

下の「GodLife」をクリック

弟子

 

聖書はキャッシュレス社会と獣の印について何と言っていますか
聖書は「キャッシュレス社会」という用語を使用していませんが、偽預言者の助けを借りて大艱難の間にエルサレムの神殿を冒涜する反キリストについて語るとき、間接的にそれを暗示しています。 このイベントは荒廃憎むべきものと呼ばれます。 獣の刻印は黙示録13:16-18でのみ言及されています。 14:9-12と19:20。 明らかに、支配者が売買するために彼のマークを要求する場合、それは社会がキャッシュレスになることを意味します。 黙示録13:16-18は、次のように述べています。「彼は、小さいものも大きいものも、金持ちも貧乏人も、自由も奴隷も、すべて右手または額に印を付けて、持っていない限り誰も売買できないようにします。マーク、つまり、獣の名前またはその名前の番号。 これは知恵を必要とします、それは人間の数であり、彼の数は666であるため、理解している人に獣の数を計算させてください。

獣(反キリスト)は、ドラゴンの力(サタン–黙示録12:9&13:2)と偽預言者の助けを借りて、自分自身を立ち上げ、神として崇拝されることを要求する世界の支配者です。 この特定の出来事は、彼が神殿での捧げ物と犠牲をやめたときの苦難の最中に起こります。 (ダニエル9:24-27; 11:31&12:11;マタイ24:15;マルコ13:14; Iテサロニケ4:13-5:11と2テサロニケ2:1-12と黙示録第13章を注意深く読んでください。 )偽預言者は、獣の像を作り、崇拝することを要求します。 これらの出来事は艱難の間に起こります。そこでは、黙示録13で、反キリストが彼らが売買するためにすべての人に彼の印を要求するのを見ます。

獣の刻印をとることは選択ですが、2テサロニケ2は、イエスを罪から神と救い主として受け入れることを拒否する人々は盲目にされ、だまされることを示しています。 ほとんどの新生信者は、教会の携挙がこの前に起こり、私たちが神の怒りに苦しむことはないと確信しています(Iテサロニケ5:9)。 多くの人が、私たちが誤ってこのマークを付けるのではないかと恐れていると思います。 神の言葉は、テモテ第二2:1で、「神は私たちに恐れの精神を与えてくれたのではなく、愛と力と健全な心の精神を与えてくださいました」と述べています。 このトピックに関するほとんどの箇所は、私たちには知恵と理解が必要だと言っています。 このトピックについて知識を深めるために、聖書を読んで注意深く研究する必要があると思います。 私たちはこの主題(艱難)に関する他の質問に答える過程にあります。 それらが投稿されたときに読んで、評判の良い福音主義の情報源によって他のウェブサイトを読んで、これらの聖書を読んで研究してください:ダニエル書と啓示(神はこの最後の本を読んだ人に祝福を約束します)、マタイ7章; 24章をマークします。 ルカ13章; Iテサロニケ人、特に第21章と第4章。 5テサロニケ人への手紙第2章。 エゼキエル2-33章; イザヤ39章; このトピックに関するアモス書と他の聖書。

日付を予測し、イエスがここにいると主張するカルトに注意してください。 代わりに、終わりの日の到来とイエスの帰還の聖書のしるし、特に2テサロニケ2章とマタイ24章を探してください。艱難が起こる前に起こらなければならないまだ起こっていない出来事があります:1)。 福音はすべての国に宣べ伝えられなければなりません(民族)。  2)。 エルサレムにはまだそこにない新しいユダヤ人の神殿がありますが、ユダヤ人はそれを建てる準備ができています。 3)。 2テサロニケ2は、獣(反キリスト、不法の者)が明らかにされることを示しています。 まだ彼が誰なのかはわかりません。 4)。 聖書は、彼が古いローマ帝国にルーツを持つ国々で構成された10カ国の連合から生じることを明らかにしています(ダニエル2、7、9、11、12を参照)。 5)。 彼は多くの人と条約を結ぶでしょう(おそらくこれはイスラエルに関係しています)。 これらのイベントはまだ発生していませんが、近い将来すべて発生する可能性があります。 これらのイベントは私たちの生涯で設定されていると思います。 イスラエルは神殿を建てる準備ができています。 欧州連合は存在し、簡単に南軍の先駆者になる可能性があります。 キャッシュレス社会は可能であり、今日確かに議論されています。 マシューとルークの地震と疫病と戦争の兆候は確かに真実です。 それはまた、私たちが注意深く、主の帰還の準備ができているべきだと言っています。

準備をする方法は、最初に御子についての福音を信じ、神をあなたの救い主として受け入れることによって神に従うことです。 コリント人への第一の手紙第15章1-4節を読んでください。それは、私たちの罪の借金を支払うために、彼が十字架で死んだと信じる必要があると言っています。 マタイ26:28は、「これは、罪の赦しのために多くの人に注がれる、私の血の新しい契約です」と述べています。 私たちは彼を信頼し、従う必要があります。 2テモテ1:12は、「彼は、私がその日に対して彼に約束したことを守ることができます」と述べています。 ユダ24&25は、次のように述べています。「あなたがつまずくのを防ぎ、大きな喜びをもって非難のない彼の栄光の前に立つことができる彼に、私たちの主イエス・キリストを通して、唯一の救い主である神に、栄光と威厳を。 、支配と権威、これまでも今もそして永遠に。 アーメン。" 私たちは信頼し、用心深く、恐れることはありません。 私たちは聖書から準備ができていると警告されています。 私たちの世代は、反キリストが力を得ることができるように状況の舞台を整えていると信じています。私たちは神の言葉を理解し、私たちに与えることができる主イエス・キリストであるビクター(黙示録19:19-21)を受け入れる準備をする必要があります勝利(コリント人への第一の手紙第15章58節)。 ヘブライ2:3は、「こんなに大きな救いを怠ったら、どうやって逃げようか」と警告しています。

2テサロニケ人への手紙第2章を読んでください。10節は「彼らは真理を愛することを拒否したので救われるので滅びます」と述べています。 ヘブライ4:2は次のように述べています。「私たちもまた、彼らと同じように福音を宣べ伝えてきました。 しかし、彼らが聞いたメッセージは彼らにとって価値がありませんでした。なぜなら、それを聞いた人々はそれを信仰と組み合わせなかったからです。」 黙示録13:8は、「地上に住むすべての人は、殺された子羊のいのちの書に世界の基礎から名前が書かれていないすべての人、彼(獣)を崇拝する」と述べています。 黙示録14:9-11は、次のように述べています。「それから、別の天使、3人目の天使が彼らに従い、大きな声で言った。」誰かが獣とその像を崇拝し、額または手に印を付けた場合、彼も神の怒りの杯に全力で混ぜられた神の怒りのぶどう酒を飲みます。 そして彼は聖なる天使たちの前でそして子羊の前で火と硫黄で苦しめられるでしょう。 そして彼らの苦しみの煙は永遠に上がります。 彼らには昼も夜も休むことはなく、獣とその像を崇拝する者、そして彼の名の印を受け取る者は誰でもいない。」 ヨハネによる福音書第36章18節の神の約束と対比してください。「息子を信じる者は永遠の命を持っていますが、息子を拒絶する者は命を見ることができません。神の怒りが彼に残っているからです。」 1節はこう述べています。「彼を信じる者は裁かれません。 しかし、信じない者は、神の唯一の息子の名を信じていないので、すでに裁かれています。」 ヨハネによる福音書第12章10節は、「しかし、彼を受け入れたすべての人、彼の名を信じたすべての人に、彼は神の子供になる権利を与えた」と約束しています。 ヨハネ28:XNUMXはこう言っています。「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることはありません。 だれもわたしの手から彼らを奪うことはないだろう。」

聖書は預言者と預言について何と言っていますか
新約聖書は預言について語り、預言を霊的な賜物として説明しています。 今日、ある人が預言しているのは聖書と同じであるかと誰かが尋ねました。 『聖書の一般的な紹介』という本は、18ページにこの予言の定義を示しています。「予言は、預言者を通して与えられた神のメッセージです。 予測を意味するものではありません。 実際、「予言」を意味するヘブライ語はどれも予測を意味しません。 預言者は神のために語った人でした…彼は本質的に説教者であり教師でした…「聖書の統一された教えによれば」。 」

このトピックを理解するのに役立つ聖書と観察をあなたに与えたいと思います。 まず、ある人の預言者の言葉が聖書であるとすれば、私たちは新しい聖書を絶えず大量に持っているでしょうし、聖書は不完全であると結論しなければならないでしょう。 旧約聖書と新約聖書の予言の違いを見てみましょう。

旧約聖書では、預言者はしばしば神の民の指導者であり、神は彼らを神の民を導き、来るべき救い主への道を開くために遣わされました。 神は彼の民に偽りの預言者から本物を識別するための特定の指示を与えました。 これらのテストについては、申命記18:17-22および13:1-11章もお読みください。 まず、預言者が何かを予測した場合、彼は100%正確でなければなりませんでした。 それぞれの予言は実現しなければなりませんでした。 それから第13章は、主(エホバ)以外の神を崇拝するように人々に告げた場合、彼は偽預言者であり、石で打ち殺されると述べました。 預言者はまた、彼らが言ったことと、神の命令と指示で起こったことを書き留めました。 ヘブライ人への手紙第1章1節は、「過去において、神は預言者を通して私たちの先祖に何度もさまざまな方法で語られました」と述べています。 これらの書物はすぐに聖書–神の言葉であると見なされました。 預言者がやめたとき、ユダヤ人は聖書の「正典」(コレクション)が閉じられたか、完成したと考えました。

同様に、新約聖書は主に元の弟子または彼らに近い人々によって書かれました。 彼らはイエスの生涯の目撃者でした。 教会は彼らの書物を聖書として受け入れ、ジュードと啓示が書かれた直後に、他の書物を聖書として受け入れることをやめました。 実際、彼らは他のその後の書物を聖書と比較することによって聖書に反し、偽りであると見なしました。ペテロがペテロ第一3:1-4で述べたように、預言者と使徒によって書かれた言葉は、教会に嘲笑を決定する方法を教えています。と誤った教え。 彼は言った、「あなたの使徒を通して私たちの主と救い主によって与えられた預言者と命令の言葉を思い出してください。」

新約聖書は、コリント人への第一の手紙第14章31節で、今やすべての信者は預言することができると述べています。

新約聖書で最も頻繁に与えられる考えは TEST すべて。 ジュード3は、「信仰」は「聖人に届けられたすべての人に一度」だったと言います。 私たちの世界の未来を明らかにする黙示録は、22章18節で、その本の言葉に何も足したり引いたりしないように厳しく警告しています。 これは、聖書が完成したことを明確に示しています。 しかし、聖書は、ペテロ第二2:3-1に見られるように、異端と誤った教えに関して繰り返し警告を与えています。 ペトロの手紙二章3&2; テモテへの手紙2:3&1; ジュード3&4とエペソ3:4。 エペソ4:14&4は、次のように述べています。「これからは、私たちはもはや子供ではなく、あちこちに投げられ、教義のあらゆる風によって、わずかな人によって、そして狡猾な狡猾さによって運ばれ、それによって彼らは欺くのを待っています。 代わりに、愛の真理を話すと、私たちはあらゆる点で頭である彼の成熟した体、つまりキリストになるように成長します。」 聖書に匹敵するものはなく、いわゆる予言はすべて聖書によって試されます。 Iテサロニケ14:15は、「すべてをテストし、良いものをしっかりと保持しなさい」と言っています。 ヨハネによる福音書第5章21節は、次のように述べています。 多くの偽預言者が世に出て行ったからです。」 私たちはすべて、すべての預言者、すべての教師、そしてすべての教義をテストすることになっています。 私たちがこれを行う方法の最良の例は、使徒4:1にあります。

使徒17:11は、パウロとシラスについて語っています。 彼らは福音を説教するためにベレアに行きました。 使徒行伝によれば、ベレア人は熱心にメッセージを受け取り、「パウロの言ったことが真実かどうかを確かめるために毎日聖書を調べた」ので、彼らは称賛され、高貴と呼ばれています。 彼らは使徒パウロが言ったことをテストしました 彫刻。  それが鍵です。 聖書は真実です。 それは私たちがすべてをテストするために使用するものです。 イエスはそれを真理と呼ばれました(ヨハネ17:10)。 これは、真理-聖書、神の言葉によって、人または教義、真理対背教を測定する唯一の方法です。

マタイ4:1-10で、イエスはサタンの誘惑を打ち負かす方法の模範を示し、また、誤った教えを試して非難するために聖書を使うように間接的に教えられました。 彼は神の言葉を使って、「それは書かれている」と言った。 しかし、これは、ペテロが暗示しているように、私たちが神の言葉の完全な知識を身につけることを必要とします。

新約聖書は旧約聖書とは異なります。新約聖書では神が聖霊を送って私たちの中に住まわせたのに対し、旧約聖書では彼はしばしば預言者や教師にしばらくの間出会ったからです。 私たちには、私たちを真理に導く聖霊がいます。 この新しい契約において、神は私たちを救い、霊的な賜物を与えてくださいました。 これらの贈り物の12つは予言です。 (Iコリント1:11-28、31-12;ローマ3:8-4とエペソ11:16-4を参照。)神は私たちが信者として恵みをもって成長するのを助けるためにこれらの賜物を与えられました。 私たちはこれらの賜物を私たちの能力の限りを尽くして使用し(ペトロの手紙一10:11&2)、権威のある間違いのない聖書としてではなく、互いに励まし合うべきです。 1ペテロ3:14は、神は私たちが神(イエス)についての知識を通して、私たちが人生と敬虔さのために必要なすべてのものを私たちに与えてくださったと言っています。 聖書の執筆は、預言者から使徒や他の目撃者に移ったようです。 この新しい教会では、すべてをテストする必要があることを忘れないでください。 コリント人への第一の手紙第14章29節と33-13節は、「すべての人は預言するかもしれませんが、他の人に裁かせてください」と言っています。 コリント人への第一の手紙第19章XNUMX節は、「私たちは部分的に預言している」と言っています。これは、私たちが部分的にしか理解していないことを意味すると私は信じています。 ですから、私たちはベレア人がしたように、常に誤った教えに注意しながら、みことばによってすべてを判断します。

神は、聖書に従って神の子供たちが従い、生きることを教え、警告し、励ましていると言うのは賢明だと思います。

聖書は終わりの時について何を言っていますか?
聖書が実際に「終わりの日」に起こると予測していることについては、さまざまな考えがあります。 これは私たちが信じていることと私たちがそれを信じている理由の簡単な要約になります。 ミレニアム、艱難、携挙に関するさまざまな立場を理解するには、まずいくつかの基本的な前提を理解する必要があります。 キリスト教を公言するかなりの部分が、しばしば「置換神学」と呼ばれるものを信じています。 これは、ユダヤ人がイエスをメシアとして拒絶したとき、神はユダヤ人を拒絶し、ユダヤ人は神の民として教会に取って代わられたという考えです。 これを信じる人は、イスラエルについての旧約聖書の予言を読み、教会で霊的に成就したと言います。 彼らが黙示録を読んで「ユダヤ人」または「イスラエル」という言葉を見つけると、彼らはこれらの言葉を教会を意味すると解釈します。

このアイデアは別のアイデアと密接に関連しています。 多くの人々は、将来のことについての発言はすべて象徴的であり、文字通りに解釈されるべきではないと信じています。 数年前、私は黙示録のオーディオテープを聞いたところ、先生は繰り返し言いました。「平易な感覚が常識であるなら、他の感覚を求めないでください。そうしないと、ナンセンスになってしまいます。」 それが聖書の予言で私たちがとるアプローチです。 言葉は、文脈の中で別のことを示すものがない限り、通常の意味を正確に意味すると解釈されます。

したがって、最初に解決すべき問題は「置換神学」の問題です。 パウロはローマ人への手紙第11章1節と2節でこう尋ねています。 決して! 私はベニヤミン族のアブラハムの子孫であるイスラエル人です。 神は彼が予見した彼の民を拒絶しませんでした。」 ローマ人への手紙第11章5節は、「それで、現在、恵みによって選ばれた残党がいます」と述べています。 ローマ人への手紙第11章11節と第12節は、次のように述べています。 どういたしまして! むしろ、彼らの罪のために、イスラエルを嫉妬させるために救いが異邦人にもたらされました。 しかし、彼らの罪が世界のための富を意味し、彼らの喪失が異邦人のための富を意味するならば、彼らの完全な包含がどれほど大きな富をもたらすでしょう!」

ローマ人への手紙第11章26-29節は、次のように述べています。 、そしてこのようにしてすべてのイスラエルが救われるでしょう。 それが書かれているように: '配達人はシオンから来るでしょう。 彼は神のないことをジェイコブから遠ざけるでしょう。 そして、これは私が彼らの罪を取り除くときの彼らとの私の契約です。 福音に関する限り、彼らはあなたのための敵です。 しかし、選挙に関する限り、彼らは族長のおかげで愛されています。神の賜物と彼の呼びかけは取り返しのつかないからです。」 私たちは、イスラエルへの約束が文字通りイスラエルに果たされると信じており、新約聖書がイスラエルまたはユダヤ人と言っているとき、それはまさにそれが言っていることを意味します。

では、聖書はミレニアムについて何を教えていますか。 関連する聖書は黙示録20:1-7です。 「ミレニアム」という言葉はラテン語に由来し、千年を意味します。 「千年」という言葉は、この箇所で19回出てきますが、まさにそれを意味していると思います。 私たちはまた、サタンが国々を欺くことを防ぐために、その間、サタンが深淵に閉じ込められると信じています。 11節では、人々は千年の間キリストと共に統治していると述べているので、私たちはキリストがミレニアムの前に戻ってくると信じています。 (キリストの再臨は黙示録21:20-7に記述されています。)ミレニアムの終わりにサタンは解放され、敗北した神に対する最後の反乱を引き起こし、そして不信者の裁きが始まり、永遠が始まります。 (黙示録21:1-XNUMX:XNUMX)

では、聖書は艱難について何を教えていますか? それを始めるもの、それがどれくらいの長さであるか、その途中で何が起こるか、そしてそれの目的を説明する唯一の箇所はダニエル9:24-27です。 ダニエルは、預言者エレミヤによって予言された70年の捕囚の終わりについて祈っています。 歴代第二2章36節は、次のように語っています。 エレミヤが語った主の言葉を成就して七十年が終わるまで、荒れ果てた間ずっとそれは休んだ。」 簡単な計算によると、ユダヤ人は20年間、490×70の間、安息年を守らなかったので、神は彼らを7年間土地から取り除き、安息日を休ませました。 安息年の規則はレビ記70:25-1にあります。 それを守らなかった場合の罰はレビ記7:26-33にあります。「わたしはあなたを国々に散らし、わたしの剣を抜いてあなたを追いかけます。 あなたの土地は荒廃し、あなたの都市は廃墟になります。 そうすれば、その土地は荒れ果てて、あなたが敵の国にいる間、安息年を楽しむでしょう。 その後、土地は休息し、安息日を楽しみます。 それが荒れ果てている間はいつも、あなたが住んでいた安息日の間、土地にはなかった残りがあります。」

ダニエルは、約9年間の不貞の祈りに応えて、ダニエル24:10(NIV)で、次のように語っています。邪悪を贖うために、永遠の義をもたらし、ビジョンと予言を封印し、そして最も聖なる場所に油を注ぐために。」 これはダニエルの人々とダニエルの聖なる都のために定められていることに注意してください。 週のヘブライ語は「2」という単語であり、最も頻繁に3日間の週を指しますが、ここでの文脈はXNUMX年の「XNUMX」を指します。 (ダニエル書XNUMX:XNUMX&XNUMXでダニエルがXNUMX日間の週を示したい場合、ヘブライ語のテキストは、フレーズが出現するたびに文字通り「XNUMX日間」と言います。)

ダニエルは、エルサレムを回復し再建する命令(ネヘミヤ第69章)から油そそがれた者(メシア、キリスト)が来るまで、483セブン、2年になると予測しています。 (これは、イエスのバプテスマまたは勝利の入城のいずれかで成就します。)483年後、メシアは死刑に処せられます。 メシアが死刑にされた後、「来る支配者の人々は都市と聖域を破壊するでしょう」。 これは西暦70年に起こりました。 彼(来るべき支配者)は最後のXNUMX年間「多く」との契約を確認します。 「 『七』の真っ只中に、彼は犠牲と捧げ物に終止符を打つでしょう。 そして神殿で、彼は布告された終わりが彼に注がれるまで、荒廃を引き起こす憎悪を設定します。」 これらすべてが、ユダヤ人、エルサレムの町、エルサレムの神殿に関するものであることに注目してください。

ゼカリヤ12と14によると、主はエルサレムとユダヤ人を救うために戻ってきました。 これが起こると、ゼカリヤ12:10はこう言います。「そして、わたしはダビデの家とエルサレムの住民に恵みと嘆願の霊を注ぎます。 彼らは自分たちが突き刺した私を見て、一人っ子を悼むように彼を悼み、長男を悼むように彼を悼むでしょう。」 これは「すべてのイスラエルが救われる」時のようです(ローマ11:26)。 XNUMX年間の艱難は主にユダヤ人に関するものです。

Iテサロニケ4:13-18とIコリント15:50-54で説明されている教会の携挙が1年間の艱難の前に起こると信じる理由はたくさんあります。 2)。 教会はエペソ19:22-13で神の住む場所として説明されています。 ホルマン・クリスチャン・スタンダード・バイブルの黙示録6:XNUMX(この箇所で私が見つけた最も直訳)は、「彼は神に対して冒とくを話し始めました。彼の名前と住居を冒涜するためです。 これは、獣が地上にいる間、教会を天国に置きます。

2)。 黙示録の構造は、第4章1節に示されています。「それゆえ、あなたが見たもの、現在のこと、そして後で起こることを書いてください。」 ジョンが見たものは第XNUMX章に記録されています。 次に、当時存在していたXNUMXつの教会、「今は何ですか」への手紙に従います。 NIVの「後で」は、文字通り「これらの事柄の後」、ギリシャ語で「メタタウタ」です。 「メタタウタ」は、黙示録XNUMX:XNUMXのNIV訳で、「この後」にXNUMX回翻訳されており、教会の後に起こることを意味しているようです。 その後、独特の教会用語を使用した地球上の教会への言及はありません。

3)。 Iテサロニケ4:13-18で教会の携挙について説明した後、パウロはIテサロニケ5:1-3で来たるべき「主の日」について話します。 彼は3節で、「人々が 『平和と安全』と言っている間、妊婦の陣痛として突然破壊が起こり、逃げられない」と述べています。 「them」と「they」の代名詞に注目してください。 9節は次のように述べています。「神は私たちを怒りに苦しむように任命したのではなく、私たちの主イエス・キリストを通して救いを受けるように任命したからです。

要約すると、聖書は教会の携挙を教えていると信じており、これは主にユダヤ人に関する苦難の前にあります。 患難は1,000年間続き、キリストの再臨で終わります。 キリストが復活したとき、彼は千年の間、ミレニアムを統治します。

患難とは何ですか?
艱難はダニエル9:24-27で予言された26年間です。 それは、「あなたの民とあなたの町(すなわちイスラエルとエルサレム)が罪を終わらせ、罪を終わらせ、邪悪を贖い、永遠の義をもたらし、ビジョンと予言を封印し、最も聖なる場所に油を注ぐために。」 27b節と7節には、次のように書かれています。「来る支配者の人々は、町と聖域を破壊します。 終わりは洪水のようになります:戦争は終わりまで続き、荒廃が布告されました。 彼は11つの「31」(12年間)のために多くの人との契約を確認します。 11人の真ん中で、彼は犠牲と捧げ物に終止符を打ちます。 そして神殿で、彼は布告された終わりが彼に注がれるまで、荒廃を引き起こす憎悪を設定します。」 ダニエル30:7と6:18は、この1週目の解釈を6年と説明しています。実際の日数の後半は、10年半です。 エレミヤXNUMX章XNUMX節は、これをヤコブが悩んだ日として次のように述べています。「ああ、その日は素晴らしいので、そのような人は誰もいない。 それはジェイコブの悩みの時でさえあります。 しかし、彼はそれから救われるでしょう。」 それは黙示録の第XNUMX章から第XNUMX章で詳細に説明されており、神が国々、罪、神に反逆する人々に対して、神と神を信じて崇拝することを拒否して、怒りを「注ぎ出す」XNUMX年間です。油そそがれた者。 テサロニケ人への第一の手紙第XNUMX章XNUMX-XNUMX節は、次のように述べています。 。 マケドニアやアカイアだけでなく、あらゆる場所で主の言葉があなたから響き渡ったので、私たちは何も言う必要がありません。 彼ら自身が、私たちがあなたとどのような歓迎を受けたか、そしてあなたがどのようにして偶像から神に立ち返り、生けるまことの神に仕え、彼が死からよみがえらせた天からの御子を待つかについて報告しているからです。来る怒りから私たちを救ってくださるイエス様。」

艱難はイスラエルと神の聖なる都、エルサレムを中心にしています。 それは、ヨーロッパの歴史的なローマ帝国のルーツから来た24カ国の連合から出てきた支配者から始まります。 最初は彼は和平工作者のように見え、それから立ち上がって悪になります。 権力を握った25年半後、彼はエルサレムの神殿を冒涜し、「神」としての地位を確立し、崇拝されることを要求します。 (マタイによる福音書第4章と第13章、テサロニケ第二18:2-2、テサロニケ第二3:12-13、黙示録第1章を読んでください。)神は、ご自分の民(イスラエル)に敵対し、滅ぼそうとした国々を裁きます。 彼はまた、自分を神として立てた支配者(反キリスト)を裁きます。 世界の国々が集まってハルマゲドンの谷にある彼の民と都市を破壊し、神と戦うとき、イエスは敵を破壊し、彼の民と都市を救うために戻ってきます。 イエスは目に見えて戻り、全世界(使徒9:11-1;黙示録7:12)と彼の民イスラエル(ゼカリヤ1:14-14と1:9-XNUMX)に見られます。

イエスが戻って来ると、旧約聖書の聖人、教会、そして天使の軍隊がイエスと共に征服します。 イスラエルの残党が彼を見るとき、彼らは彼を彼らが突き刺して嘆いた者として彼を認め、彼らは皆救われるでしょう(ローマ11:26)。 それからイエスは彼の千年王国を設立し、1,000年間彼の民と共に君臨します。

私たちは苦労していますか?

いいえ、まだですが、おそらくその直前の時期です。 先に述べたように、患難は反キリストが明らかにされ、イスラエルとの条約を結ぶときに始まります(ダニエル9:27と2テサロニケ2を参照)。 ダニエル書第7章と第9章は、彼は10か国の組合から生まれ、さらに支配権を握ると述べています。 現時点では、XNUMXカ国グループは形成されていません。

私たちがまだ艱難に陥っていないもう一つの理由は、艱難の間に、3年半で反キリストがエルサレムの神殿を汚し、神としての地位を確立し、現在、山には神殿がないからです。イスラエル、しかしユダヤ人はそれを建てる準備ができていて準備ができています。

私たちが見ているのは、イエスが起こると言われた戦争と不安の増大の時です(マタイ24:7&8;マルコ13:8;ルカ21:11を参照)。 これは、差し迫った神の怒りのしるしです。 これらの聖句は、国と民族間の戦争、疫病、地震、その他の天国からの兆候が増えると述べています。

起こらなければならないもう一つのことは、福音はすべての国、異言、そして人々に宣べ伝えられなければならないということです。なぜなら、これらの人々の何人かは神と子羊を信じて天国にいるからです(マタイ24:14;黙示録5:9&10) 。

神が散らばった人々であるイスラエルを世界から集め、彼らを聖地であるイスラエルに戻して、二度と離れることがないので、私たちは近くにいることを知っています。 アモス9:11-15は、「わたしは彼らをその土地に植え、わたしが彼らに与えた土地から彼らを引き上げることはもうないだろう」と言っています。

ほとんどの基本的なクリスチャンは、教会が「怒りに任命されていない」ので、教会の携挙も最初に来ると信じています(Iコリント15:50-56; Iテサロニケ4:13-18と2テサロニケ2:1-12を参照)。 、しかし、この点はそれほど明確ではなく、物議を醸す可能性があります。 しかし神の言葉 言う 天使たちは、地球の一方の端からもう一方の端までではなく、「天の一端から他端へ」(マタイ24:31)聖徒を集め、天使を含む神の軍隊と合流する(Iテサロニケ3:13; 2テサロニケ1:7;黙示録19:14)主の帰りにイスラエルの敵を打ち負かすために地上に来る。 コロサイ3:4は、「私たちのいのちであるキリストが明らかにされるとき、あなたもまた彼と共に栄光をもって明らかにされるでしょう」と言っています。

テサロニケ第二2:2で背教を翻訳したギリシャ語の名詞は、通常は出発するように翻訳されている動詞から来ているので、この節は携挙について言及している可能性があり、それは章の文脈と一致します。 復活と、神の怒りと裁きから逃れるためにこれらの人々が隠されている出来事を描いているように見えるイザヤ3:26-19も読んでください。 携挙はまだ起こっていません。

どのように私たちは苦難を逃れることができますか?

ほとんどの福音派は教会の携挙の概念を受け入れますが、それがいつ起こるかについては論争があります。 それが患難の開始前に起こった場合、携挙の後に地上に残っている不信者だけが患難、つまり神の怒りの時に入ります。なぜなら、イエスが私たちの罪から私たちを救うために死んだと信じる人だけが携挙されるからです。 私たちが携挙のタイミングについて間違っていて、それがXNUMX年間の苦難の最中または終わりに起こった場合、私たちは他のすべての人に残されて苦難を経験しますが、これを信じるほとんどの人は私たちがそうすると信じていますその間、どういうわけか神の怒りから守られます。

あなたは神に反対したくはありません、あなたは神の側にいたいです、さもなければ、あなたは苦難を経験するだけでなく、神の裁きと永遠の怒りに直面し、悪魔と彼の天使たちと一緒に火の池に投げ込まれます。 黙示録20:10-15は、次のように述べています。「そして、彼らを欺いた悪魔は、獣と偽預言者もいる火と硫黄の湖に投げ込まれました。 そして彼らは昼も夜も永遠に苦しめられるでしょう。 それから私は大きな白い玉座とその上に座った彼を見ました。その存在から地球と天国は逃げ出し、彼らのための場所は見つかりませんでした。 そして、私は大小の死者が王座の前に立っているのを見て、本が開かれ、別の本が開かれました。それは生命の本です。 そして死者は彼らの行いに従って、本に書かれていることから判断された。 そして海はその中にいた死者をあきらめ、死とハデスは彼らの中にいた死者をあきらめた。 そして彼らは、彼らの行いに従って、彼ら全員が裁かれた。 それから死とハデスは火の池に投げ込まれました。 これは二番目の死、火の湖です。 そして、いのちの書に書かれている人の名前が見つからなかった場合、彼は火の池に投げ込まれました。」 (マタイ25:41も参照してください。)

私が述べたように、ほとんどのクリスチャンは、信者が携挙され、患難に陥らないと確信しています。 コリント人への第一の手紙第15章51節と52節はこう述べています。 私たち全員が眠るわけではありませんが、最後のトランペットで、瞬く間に、私たち全員が変わります。 ラッパが鳴り、死者は滅びることなく育てられるからです。 そして私たちは変わるでしょう。」 携挙についての聖書(Iテサロニケ4:13-18; 5:8-10; Iコリント15:52)が「私たちは永遠に主と共にいる」と言っていることは非常に興味深いと思います。これらの言葉で互いに慰め合うべきです。」

ユダヤ人の信者は、キリストの時代のようにユダヤ人の結婚の儀式のイラストを使用して、この観点を説明しています。 イエスはそれを決して使わなかったが、それでも彼は使ったと主張する人もいます。 彼は結婚の習慣を数回使用して、再臨を取り巻く出来事を説明または説明しました。 登場人物は次のとおりです。花嫁は教会です。 新郎はキリストです。 花婿の父は父なる神です。

基本的なイベントは次のとおりです。

1)。 婚約者:新郎新婦は一緒にワインを飲み、実際の結婚式が行われるまでブドウの木の実を二度と飲まないことを約束します。 イエスは、マタイによる福音書第26章29節で、花婿が使う言葉を使いました。 。」 花嫁が一杯のワインから飲み、花嫁の代金が花婿によって支払われるとき、それは私たちの罪と私たちの救い主としてのイエスの受け入れのために私たちに支払われた写真です。 私たちは花嫁です。

2)。 花婿は花嫁のために家を建てるために立ち去ります。 ヨハネ14章でイエスは私たちのために家を準備するために天国に行きます。 ヨハネ14:1-3はこう言っています。「心を悩ませないでください。 神を信じ、わたしも信じなさい。 私の父の家には多くの住居があります。 そうでなければ、私はあなたに言っただろう。 私はあなたのために場所を準備するために行きます。 私が行ってあなたのための場所を準備するなら、私は再び来てあなたを私自身に迎えます、私がいるところにあなたもいるかもしれません」(携挙)。

3)。 父は、新郎がいつ花嫁のために戻るかを決定します。 マタイ24:36は、「しかし、その日と時間については、天の天使も息子も、父だけも知らない」と述べています。 父だけがイエスがいつ戻るかを知っています。

4)。 花婿は、彼が戻ってくるのを、しばしば一年もの間待っている彼の花嫁のために予期せずやって来ます。 イエスは教会を携挙します(Iテサロニケ4:13-18)。

5)。 花嫁は父の家で彼女のために用意された部屋で一週間回廊に入れられます。 教会は艱難の間に26年間天国にいます。 イザヤ19:21-XNUMXを読んでください。

6)。 結婚の晩餐は、結婚のお祝いの終わりに父の家で起こります(黙示録19:7-9)。 結婚夕食後、花嫁が出てきてみんなにプレゼントされます。 イエスは彼の花嫁(教会)と旧約聖書の聖人と天使たちと一緒に地上に戻り、敵を征服します(黙示録19:11-21)。

はい、イエスは終わりの日の出来事を説明するために彼の日の結婚式の習慣を使用しました。 聖書は教会をキリストの花嫁と呼んでおり、イエスは彼が私たちのために家を準備すると言っています。 イエスはまた、彼の教会のために戻ってくること、そして私たちが彼の帰りの準備ができているべきであると話します(マタイ25:1-13)。 私たちが言ったように、彼はまた、父だけがいつ戻るかを知っていると言います。

花嫁の26日間の隔離についての新約聖書の言及はありませんが、旧約聖書の言及が19つあります。それは、死んだ人々の復活と平行する予言であり、「神の怒りが完了するまで、部屋や部屋に行きます。 。」 イザヤ26:19-11を読んでください。これは、患難前の教会の携挙についてのようです。 この後、あなたは結婚の夕食をとり、次に聖人、贖われた無数の天使が「天から」来て、イエスの敵を打ち負かし(黙示録22:20-1)、地上を支配し統治します(黙示録6:XNUMX-XNUMX)。 )。

いずれにせよ、神の怒りを避ける唯一の方法は、イエスを信じることです。 (ヨハネ3:14-18と36を参照。36節は、「息子を信じる者は永遠の命を持ち、息子を信じない者は命を見ないでしょう。しかし、神の怒りは彼にとどまります」と述べています。イエスが十字架で死ぬことによって、私たちの罪の罰、借金、罰を支払われたと信じてください。 コリント人への第一の手紙第15章1-4節は、「私は福音を宣言します…それによってあなたも救われます…キリストは聖書に従って私たちの罪のために死にました、そして彼は埋葬され、そして彼は三日目に育てられました。経典。」 マタイ26:28は、「これはわたしの血です…罪の赦しのために多くの人に流されます」と述べています。 ペトロの手紙一2:24は、「彼自身が十字架上の彼自身の体で私たちの罪を負ったのは誰か」と言っています。 (イザヤ53:1-12を読んでください。)ヨハネ20:31はこう言っています。「しかし、これらは書かれています。イエスがキリスト、神の子であると信じることができるからです。 そして、あなたが彼の名によって命を得るかもしれないと信じているのです。」

あなたがイエスに来るならば、彼はあなたを背かせません。 ヨハネ6:37は、「父がわたしに与えてくださるすべてのものがわたしのところに来て、わたしのところに来る人は確かに追い出されない」と言っています。 39節と40節は次のように述べています。「これはわたしを遣わした彼の意志であり、彼がわたしに与えたすべての意志は私に何も失うことはないが、最後の日にそれを上げる。 これが父の御心であり、御子を見て、御子を信じる者はみな永遠のいのちを持ち、私自身が最後の日に彼を育てます。」 ヨハネによる福音書第10章28節と29節も読んでください。「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることはなく、だれもわたしの手から彼らを引き抜くことはありません…」。神の愛、苦難または苦痛…」そして8&35節は、「死も、命も、天使も…来るべきものも、私たちを神の愛から引き離すことはできない」と述べています。 (ヨハネの手紙第38章39節も参照)

しかし、神はヘブル人への手紙第2章3節で、「私たちがこれほど大きな救いを怠った場合、どうすれば逃げることができるか」と言われます。 2テモテ1:12は、「彼は、私がその日に約束したことを守ることができると確信しています」と述べています。

艱難の間に人々は救われるでしょうか?
この質問に対する答えを得るには、いくつかの聖書を注意深く読んで理解する必要があります。 彼らは次のとおりです。Iテサロニケ5:1-11; 2テサロニケ人への手紙第2章と黙示録第7章。第5テサロニケ人への手紙と第9章では、パウロは信者(イエスを救い主として受け入れた人)に、彼らが患難に陥っていないこと、そして彼らが後に取り残されていないことを慰め、保証するように書いています。テサロニケ人への第一の手紙第10章2節と2節は、私たちが救われて神と共に生きる運命にあり、神の怒りに運命づけられていないことを告げているからです。 テサロニケ第二1:17-10で、彼は彼らが「取り残される」ことはなく、自分自身を世界の支配者とし、イスラエルとの条約を結ぶ反キリストはまだ明らかにされていないと彼らに告げています。 イスラエルとの彼の条約は、艱難の始まり(「主の日」)を示しています。 この箇所は、イエスが突然突然来て、彼の子供たち、つまり信者たちを携挙することを告げる警告を与えています。 福音を聞いて「真理を愛することを拒否した」人、「救われるために」イエスを拒否した人は、艱難の間にサタンにだまされ(11&XNUMX節)、「神は彼らに強い妄想を送られます。彼らが何が間違っているかを信じることができるように、すべての人が誰を非難することができるように 真実を信じなかった but had pleasure in unrighteousness” (continued to enjoy the pleasures of sin).しかし、不義に喜びを感じました」(罪の喜びを楽しみ続けました)。 So do not think that you can put off accepting Jesus and do it during the Tribulation.ですから、あなたがイエスを受け入れることを延期し、艱難の間にそれをすることができるとは思わないでください。

Revelation gives us a few verses which seem to indicate that a multitude of people will be saved during the Tribulation because they will be in heaven rejoicing before the throne of God, some from every tribe, tongue, people and nation.啓示は私たちにいくつかの節を与えており、多くの人々が神の御座の前で喜んで天国にいるので、すべての部族、舌、人々、そして国からの人々が大艱難の間に救われることを示しているようです。 It does not say exactly who they are;それは彼らが誰であるかを正確に言っているわけではありません。 perhaps they are people who had never heard the gospel previously.おそらく彼らは以前に福音を聞いたことがない人々です。 We have a clearer view of who they are not: those who rejected Him and those who take the mark of the beast.私たちは彼らが誰でないかについてより明確な見解を持っています:彼を拒絶した人々と獣の印をとる人々。 Many, if not most of the saints of the tribulation will be martyred.患難の聖人のほとんどではないにしても、多くが殉教します。

これは、その期間中に人々が救われることを示す啓示の聖句のリストです。

黙示録7:14

「これらは大患難から出てきた彼らです。 彼らはローブを洗い、子羊の血で白くしました。」

黙示録20:4

And I saw the souls of those who had been beheaded because of their testimony of Jesus and because of the word of God and those who had not worshiped the beast or his image;そして、私は、イエスについての証言と神の言葉と、獣やその像を崇拝しなかった人々のために、頭を下げられた人々の魂を見ました。 and had not received the mark on the forehead and on their hand and they came to life and reigned with Christ a thousand years.そして額と手に印をつけていなかったので、彼らは生き返り、千年の間キリストと共に君臨しました。

黙示録14:13

すると、天からの声が聞こえました。「これを書いてください。これから主の中で死ぬ死者は幸いです。」

「そうです」とスピリットは言います。「彼らは彼らの働きから休むでしょう。彼らの行いは彼らに従うからです。」

」(黙示録14:9; 11:15; 2:16および2:18-20も参照。)それらは決して救われることはできません。 This is the one thing, that is, taking the mark of the beast during the tribulation, that will keep you from redemption and salvation.これは一つのことです。つまり、苦難の間に獣の印をとることは、あなたを贖いと救いから遠ざけるでしょう。

神が「すべての舌、部族、人々、国から」という言葉を使って救われた人々を指すのは5回あります。黙示録8:9&7と黙示録第5章です。黙示録8:9&24は、私たちの現代と福音の説教について語っています。そして、これらの民族グループのそれぞれからの何人かが救われ、天国で神を崇拝するという約束。 これらは艱難の前に救われた聖人です。 (マタイ14:13;マルコ10:24;ルカ47:1と黙示録4:6-7を参照。)黙示録第14章で、神は「から救われたすべての「舌、部族、人々、国民」からの聖人について語られています。 」、つまり、苦難の間。 黙示録6:20は、福音を宣べ伝える天使について語っています。 黙示録4:XNUMXに示されている殉教者の写真は、大艱難の間に多数の人々が救われたことをはっきりと示しています。

If you are a believer, I Thessalonians 5:8-11 says to be comforted, hope in God's promised salvation and not be shaken.あなたが信者であるなら、IテサロニケXNUMX:XNUMX-XNUMXは慰められ、神の約束された救いを望み、揺さぶられないようにと言っています。 Now the word “hope” in the Scripture does not mean what it does in English as in “I hope something will happen.”さて、聖書の「希望」という言葉は、「何かが起こることを願っています」のように英語で何をするかを意味するものではありません。 Our私たちの 希望 聖書では「確実なこと、神が言われ、約束される何かが起こります。 These promises are spoken by the Faithful God Who cannot lie.これらの約束は、嘘をつかない忠実な神によって語られます。 Titus 1:2 says, “In the hope of eternal life, which God, who cannot lie,テトスXNUMX:XNUMXはこう言っています。「嘘をつかない神が永遠のいのちを願って、 約束された 時代が始まる前に。」 Iテサロニケ9章の5節は、信者が「永遠に彼と一緒に暮らす」ことを約束しており、これまで見てきたように、9節は、私たちが「怒りに任命されるのではなく、主イエス・キリストによる救いを得るために任命される」と述べています。 福音派のクリスチャンの大多数がそうであるように、携挙はテサロニケ第二2:2&1に基づく大艱難に先行すると私たちは信じています。 集まった 彼と私テサロニケ5:9に、「私たちは怒りに任命されていません」と言っています。

あなたが信者ではなく、罪を犯し続けることができるようにイエスを拒絶しているなら、警告されます、あなたは艱難の二度目のチャンスを得ることはありません。 あなたはサタンに惑わされます。 あなたは永遠に失われます。 私たちの「確かな希望」は福音の中にあります。 ヨハネ3:14-36を読んでください。 5:24; 20:31; 2ペテロ2:24とコリント人への第一の手紙15:1-4は、キリストの福音を与え、信じています。 彼を受け入れなさい。 ヨハネによる福音書第1章12節と13節は、次のように述べています。神から生まれました。」 これについて詳しくは、このサイトの「保存方法」を参照するか、さらに質問してください。 最も重要なことは信じることです。 待ってはいけません。 遅れないでください–イエスは突然そして予期せず戻ってきて、あなたは永遠に失われるでしょう。

If you believe, be “comforted” and “stand fast” (I Thessalonians 4:18 and 5:23 and 2 Thessalonians chapter 2) and don't be afraid.あなたが信じるなら、「慰められ」そして「速く立ちなさい」(Iテサロニケ15:58とXNUMX:XNUMXとXNUMXテサロニケXNUMX章)そして恐れないでください。 I Corinthians XNUMX:XNUMX says, “Therefore, my beloved brethren, be steadfast, unmovable, always abounding in the work of the Lord, knowing that your labor is not in vain in the Lord.”コリント人への第一の手紙第XNUMX章XNUMX節は、「それゆえ、私の愛する兄弟たちは、あなたの働きが主に無駄ではないことを知って、常に主の働きに満ち、動かせず、不動である」と言っています。

話す必要がありますか? 質問がありますか?

あなたが霊的ガイダンスのために、またはフォローアップケアのために私達に連絡したいと思うならば、私達にに自由に書いてください。 photosforsouls@yahoo.com.

私たちはあなたの祈りに感謝し、永遠にあなたに会えるのを楽しみにしています!

 

「神との平和」はこちら