キリストを受け入れるための招待状

 

AfrikaansShqipአማርኛالعربيةՀայերենAzərbaycan diliEuskaraБеларуская моваবাংলাBosanskiБългарскиCatalàCebuanoChichewa简体中文繁體中文CorsuHrvatskiČeština‎DanskNederlandsEnglishEsperantoEestiFilipinoSuomiFrançaisFryskGalegoქართულიDeutschΕλληνικάગુજરાતીKreyol ayisyenHarshen HausaŌlelo Hawaiʻiעִבְרִיתहिन्दीHmongMagyarÍslenskaIgboBahasa IndonesiaGaeligeItaliano日本語Basa Jawaಕನ್ನಡҚазақ тіліភាសាខ្មែរ한국어كوردی‎КыргызчаພາສາລາວLatinLatviešu valodaLietuvių kalbaLëtzebuergeschМакедонски јазикMalagasyBahasa MelayuമലയാളംMalteseTe Reo MāoriमराठीМонголဗမာစာनेपालीNorsk bokmålپښتوفارسیPolskiPortuguêsਪੰਜਾਬੀRomânăРусскийSamoanGàidhligСрпски језикSesothoShonaسنڌيසිංහලSlovenčinaSlovenščinaAfsoomaaliEspañolBasa SundaKiswahiliSvenskaТоҷикӣதமிழ்తెలుగుไทยTürkçeУкраїнськаاردوO‘zbekchaTiếng ViệtCymraegisiXhosaיידישYorùbáZulu

親愛なる魂、

今日の道は急に見えたかもしれませんが、あなたは一人でいるように感じます。 あなたが信頼する誰かがあなたを失望させました。 神はあなたの涙を見ます。 彼はあなたの痛みを感じます。 彼はあなたを慰めたいと願っています、なぜなら彼は兄弟よりもくっついている友人だからです。

神はあなたをとても愛しているので、彼はあなたの代わりに死ぬために彼の唯一の子、イエスを送りました。 もしあなたがあなたの罪を離れて彼らから背を向けようとしているなら、彼はあなたが犯したすべての罪に対してあなたを許します。

たぶんあなたは、「彼は私の罪を許しません。 あなたは私が犯した罪を知りません、私は彼の愛から遠すぎました。」

私はあなたの考えを理解しています、親愛なる魂。 私もまた、主の愛に値しないし、ふさわしくないと感じました。 私は憐れみを訴える十字架のふもとに立ちました、しかしそれは私たちの神の恵みです。

聖書は、「……義人を呼ぶのではなく、罪人を悔い改めるようになった」と述べています。〜マーク2:17b

魂、それはあなたと私を含みます。

どのくらい遠くまで落としても、神の恵みはさらに大きくなります。 汚れた卑劣な魂、彼は救いに来た。 彼はあなたを握るために彼の手を伸ばします。

あなたの心がお辞儀をして、主に言ってください。

私は罪人です。 私は私の人生のずっと罪人でした。 許してください、主よ。」

多分あなたはあの堕落した罪人のようなものです。 彼が彼女を救うことができる者であることを知って、彼女はイエスのところに来ました。 彼女の顔に流された涙で、彼女は彼の足を涙で洗い始め、そして彼女の髪で拭いた。 彼は言った、「多くの彼女の罪は許されています…」魂、彼は今夜あなたのことを言うことができますか?

あなたが彼女に関係しているとき、あなたはあなたの顔に涙を流しているかもしれません。 ポルノを見て恥ずかしい思いをしたり、姦淫を犯したりして許されたいと思っているかもしれません。  「あなたの存在から離れないように私を投げてください。 私がした悪を許してください。」 あなたは彼女と同じように有罪ですが、彼女を許したのと同じイエスが今夜もあなたを許します。

ある日、あなたは主の前に立って、主の前で透明になります。 あなたの人生の本は裁かれるために開かれているでしょう。 あらゆる考え、あらゆる言葉、あなたの心のあらゆる動機が、主の照明の光の中で明らかにされるでしょう。 あなたは主の前で何と言いますか。 主に言ってください:「私は自分の人生を台無しにしました。私は赦されたいのです」。 確かに、あなたは間違った選択をしました、しかし、彼はまだあなたを愛しています!

たぶん、あなたは自分の命をキリストに与えることを考えたが、それを何らかの理由で延期したのかもしれません。 「今日あなたが彼の声を聞くなら、あなたの心を強化しないでください。」〜ヘブライ語4:7b

聖書は、「すべての人が罪を犯し、神の栄光を手に入れることができない」と言っています。〜ローマ人への手紙3:23

「もしあなたがあなたの口で主イエスを告白し、神が彼を死からよみがえらせたとあなたの心を信じるなら、あなたは救われるでしょう。」 〜ローマ10:9

あなたが天国の場所にいると確信するまで、イエスがいなくても眠らないでください。

今夜、あなたが永遠の命の賜物を受けたいのなら、まずあなたは主を信じなければなりません。 あなたは自分の罪を赦し、あなたの信頼を主に委ねるよう求めなければなりません。 主を信じる者となるために、永遠のいのちを求めなさい。 天国への道は一つしかありません。それは主イエスを通してです。 それが神のすばらしい救いの計画です。

次のような祈りを心から祈ることによって、彼との個人的な関係を始めることができます。

「ああ、神よ、私は罪人です。 私は私の人生のずっと罪人でした。 許してください、主よ。 私は私の救い主としてイエスを受け入れます。 私は彼を私の主として信頼します。 私を救ってくれてありがとう。 イエスの名において、アーメン。」

あなたが個人的な救い主として主イエスを受け取ったことが一度もないが、この招待を読んだ後に今日彼を受け取ったことがあるならば、私たちに知らせてください。 私たちはあなたから話を聞くのが大好きです。 あなたの名前は十分です。

今日、私は神と平和を作りました…

神との新しい生活を始めるには…

下の「GodLife」をクリック

弟子

救いの保証
あなたがしなければならないすべては天国で神と共に未来を保証するために彼の御子を信じることです。 ジョン14:6「私は道であり、真実であり、人生である。だれも私には父に来ない」あなたは彼の子供である必要があり、神のことばはジョンで述べています1:12彼らには、彼の名を信じる人々にさえ、神の子になる権利が与えられました。」

1コリント15:3&4は、イエスが私たちのために何をしてくださったかを教えてくれます。 彼は私たちの罪のために死に、53日目に埋葬されて死からよみがえりました。 読むべき他の聖書は、イザヤ1:12-1、ペテロ第一2:24、マタイ26:28&29、ヘブライ人への手紙10:1-25、ヨハネ3:16&30です。

ヨハネ3:14-16&30とヨハネ5:24で、神は、私たちが永遠の命を持っていると信じて、簡単に言えば、それが終わっても永遠ではないだろうと言われています。 しかし、神の約束を強調するために、神はまた、信じる者は滅びないだろうと言われます。

神はまたローマで8:1はこう言っています。

聖書は、神は嘘をつくことができないと言っています。 それは彼の生来の性格にあります(テトス1:2、ヘブライ6:18&19)。

彼は私たちが永遠の命の約束を理解しやすくするために多くの言葉を使用しています:ローマ10:13(呼びかけ)、ヨハネ1:12(信じて受け取る)、ヨハネ3:14&15(見て–数字21:5-9)、黙示録22:17(取る)と黙示録3:20(ドアを開ける)。

ローマ人への手紙第6章23節は、永遠のいのちはイエス・キリストを通しての賜物であると言っています。 黙示録22:17は、「そして、だれでも、彼に命の水を自由に奪わせなさい」と述べています。 それは贈り物です、私たちがする必要があるのはそれを取ることだけです。 それはイエスにすべてを要しました。 それは私たちに何の費用もかかりません。 それは私たちの仕事の結果ではありません。 善行によってそれを手に入れたり、維持したりすることはできません。 神は正義です。 それが作品によるものであるならば、それはただではなく、私たちは自慢する何かを持っているでしょう。 エペソ2:8&9は次のように述べています。「恵みによってあなたは信仰によって救われましたが、それはあなた自身のものではありません。 だれもが自慢することがないように、それは神の賜物であり、仕事ではありません。」

ガラテヤ3:1-6は、良い働きをすることによってそれを得ることができないだけでなく、それをそのように保つこともできないことを教えています。

「あなたは律法の働きによって、または信仰をもって聞くことによって御霊を受けましたか…あなたはとても愚かであり、御霊によって始められたので、あなたは今、肉によって完成されていますか」と書かれています。

コリントの信徒への手紙第1章29-31節は、「だれも神の前で自慢してはならない…キリストが私たちに聖化と贖いを与えられ、…自慢する者に主を自慢させなさい」と言っています。

もし私たちが救いを得ることができれば、イエスは死ぬ必要はなかったでしょう(Galatians 2:21)。 私たちに救いの保証を与える他の一節は次のとおりです。

1.ヨハネ6:25-40、特に37節は、「わたしのところに来る者、わたしは決して追い出されない」と言っています。つまり、物乞いをしたり、稼いだりする必要はありません。

あなたが信じて来られるならば、彼はあなたを拒絶するのではなくあなたを歓迎し、あなたを受け入れそしてあなたを彼の子供にします。 あなたはただ彼に尋ねる必要があります。

2. 2テモテ1:12は、「私が誰を信じたかを知っており、その日に対して私が彼に約束したことを彼が守ることができると確信している」と述べています。

Jude24&25は、次のように述べています。すべての年齢、今そして永遠にもっと! アーメン。"

3.フィリピ1:6は、「私はこのことを確信しています。あなたの中で良い働きを始めた方は、キリスト・イエスの日までそれを完成させるでしょう」と言っています。

4 十字架上の泥棒を覚えています。 彼がイエスに言ったのは、「あなたがあなたの王国に来るとき、私を覚えておいてください」ということだけでした。

イエスは彼の心を見、彼の信仰を尊重しました。
彼は言った、「本当に私はあなたに言います、今日あなたは私と一緒に楽園にいるでしょう」(ルカ23:42&43)。

5 イエスが死んだとき、彼は神が彼にするために与えられた働きを終えました。

ヨハネ4:34は、「わたしの食物は、わたしを遣わした方のご意志を行い、その働きを終えることです」と述べています。 十字架上で、彼が死ぬ直前に、彼は「それは終わった」と言いました(ヨハネ19:30)。

「終了しました」という表現は、全額支払われることを意味します。

それは、彼が解放されたとき、彼の罰が完全に終わったときに誰かが罰されていた犯罪のリストに書かれたものを指す法的用語です。 それは彼の借金または罰が「全額支払われた」ことを意味します。

私たちが十字架でのイエスの死を受け入れるとき、私たちの罪の借金は全額支払われます。 誰もこれを変更することはできません。

6 2つの素晴らしい詩、ジョン3:16とジョン3:28-40

両方とも、あなたがあなたが死ぬことはないとあなたが信じるとき、それを言います。

ジョン10:28は決して滅びないと言います。

神の言葉は真実です。 私たちはただ神の言うことを信頼しなければなりません。 決して決して意味しません。

7.神は新約聖書の中で、私たちがイエスを信じるとき、キリストの義を私たちに帰属させたり、信用したりする、つまり、イエスの義を私たちに信用したり与えたりすると何度も言われます。

エペソ1:6は、私たちがキリストに受け入れられていると言っています。 フィリピ3:9とローマ4:3&22も参照してください。

8.神の言葉は、詩篇103:12で、「東が西からである限り、これまでのところ、神は私たちの罪を私たちから取り除いてくださった」と述べています。

彼はまた、エレミヤ31章34節で、「彼は私たちの罪をもう覚えていない」と言っています。

9 ヘブライ語10:10-14は、十字架上でのイエスの死は過去、現在、そして未来のすべての時間にわたってすべての罪のために払うのに十分であると私たちに教えています。

イエスは「一度だけ」死にました。 イエスの働き(完全で完全であること)を繰り返す必要はありません。 この箇所は、「彼は聖なる者を永遠に完全にした」と教えています。 私たちの生活の成熟と純粋さはプロセスですが、彼は私たちを永遠に完成させてくれました。 このため、私たちは「信仰を完全に確信して、誠実な心で近づきます」(ヘブライ10:22)。 「約束した者は忠実であるため、わたしたちが公言する希望を揺るぎなく握りましょう」(ヘブライ10:25)。

10.エペソ1:13&14は、聖霊が私たちを封印すると言っています。

神は私達を印鑑の輪のように聖霊で封印し、私達に不可逆的な封印をして、壊すことはできません。

それは王が彼の印章で不可逆的な法則を封印するようなものです。 多くのクリスチャンは彼らの救いを疑っています。 これらの聖句や他の多くの聖句は、神が救い主であり守護者でもあることを示しています。 エペソ人への手紙第6章によると、私たちはサタンとの戦いに参加しています。

彼は私たちの敵であり、「とどろくライオンが私たちをむさぼり食うように」(ペトロの手紙一5:8)。

私たちに私たちの救いを疑わせるのは、私たちを打ち負かすために使われた彼の最大の激しいダーツの一つだと思います。
ここで言及されている神の鎧の様々な部分は、神が約束されていることと神が勝利を得るために私たちに与えられていることを私たちに教える聖書の詩です。 例えば、彼の義です。 それは私たちのものではなく彼のものです。

フィリピ3:9は、「律法に由来する私自身の義ではなく、キリストへの信仰による義、信仰に基づいて神から来る義を持って、彼の中に見いだされるかもしれない」と述べています。

サタンがあなたが「天国に行くにはあまりにも悪い」とあなたに納得させようとするとき、あなたは「キリストにおいて」義であると答え、彼の義を主張します。 御霊の剣(神の言葉)を使うには、この聖書や他の聖書をどこで見つけるかを暗記するか、少なくとも知る必要があります。 これらの武器を使用するには、彼の言葉が真理であることを知る必要があります(ヨハネ17:17)。

覚えておいてください、あなたは神の言葉を信頼しなければなりません。 神の言葉を研究し、それを研究し続けてください。あなたが知るほど、あなたは強くなるからです。 あなたはこれらの聖句とそれらのような他の聖句を信頼して確信を持たなければなりません。

彼の言葉は真実であり、「真実はあなたを解放します」(ヨハネ8:32)。

それがあなたを変えるまで、あなたはそれであなたの心を満たす必要があります。 神のことばは、神を疑うように、「さまざまな試練に遭遇したとき、私の兄弟たち、すべての喜びを考えなさい」と言っています。 エペソ人への手紙第6章はその剣を使うと言い、それから立つと言います。 やめて走らないでください(後退)。 神は私たちが人生と敬虔さのために必要なすべてのものを「私たちを呼んだ神の真の知識を通して」私たちに与えてくださいました(ペテロ第二2:1)。

ただ信じ続けなさい。

どうすれば真のクリスチャンになりますか
あなたの質問に関して答える最初の質問は、真のクリスチャンとは何かということです。なぜなら、多くの人は、聖書がクリスチャンと言っていることを知らないクリスチャンと自称することができるからです。 教会、宗派、さらには世界によって、どのようにしてクリスチャンになるかについての意見は異なります。 あなたは神によって定義されたクリスチャンですか、それとも「いわゆる」クリスチャンですか。 私たちにはただ一つの権威、神がいます、そしてそれは真実なので、神は聖書を通して私たちに語られます。 ヨハネ17:17は、「あなたの言葉は真理です!」と言っています。 クリスチャンになるために(神の家族の一員になるために-救われるために)私たちがしなければならないとイエスは何と言われましたか。

第一に、真のクリスチャンになることは、教会や宗教団体に参加したり、いくつかの規則や聖餐やその他の要件を守ることではありません。 それは、あなたが「クリスチャン」国家やクリスチャンの家族のようにどこで生まれたのか、あるいは子供や大人としてバプテスマを受けるなどの儀式を行うことによってではありません。 それを稼ぐために良い仕事をすることではありません。 エペソ2:8&9は、「恵みによって、あなたは信仰によって救われます。それはあなた自身のものではなく、働きの結果ではなく、神の賜物です…」と言います。テトス3:5は、「義の働きによってではなく、私達はしました、しかし彼の憐れみによれば、彼は再生の洗浄と聖霊の更新によって私達を救いました。」 イエスはヨハネ6:29で、「これは神の働きであり、あなたは神が遣わされた神を信じている」と言われました。

クリスチャンになることについてみことばが言っていることを見てみましょう。 聖書は、「彼ら」はアンティオキアで最初にクリスチャンと呼ばれたと言っています。 「彼ら」は誰でしたか。 使徒17:26を読んでください。 「彼ら」は弟子(XNUMX人)でしたが、イエスとイエスが教えたことを信じて従ったすべての人々でもありました。 彼らはまた、信者、神の子供、教会、その他の記述的な名前とも呼ばれていました。 聖書によれば、教会は彼の「体」であり、組織や建物ではなく、彼の名前を信じる人々です。

それでは、イエスがクリスチャンになることについて教えられたことを見てみましょう。 彼の王国と彼の家族に入るのに必要なもの。 ヨハネ3:1-20と33-36節も読んでください。 ある夜、ニコデモがイエスに来ました。 イエスが自分の考えと心に必要なものを知っていたのは明らかです。 彼は神の王国に入るために「あなたは新たに生まれなければならない」と彼に言いました。 彼は彼に「棒の蛇」の旧約聖書の話をしました。 罪を犯しているイスラエルの子供たちがそれを見に出かけたなら、彼らは「癒される」でしょう。 これはイエスの写真でした。私たちの罪の代価を払い、私たちの赦しのために、イエスは十字架上で持ち上げられなければなりません。 それからイエスは、(私たちの罪のために私たちの代わりに彼の罰で)彼を信じた人々は永遠の命を持つだろうと言われました。 ヨハネ3:4-18をもう一度読んでください。 これらの信者は、神の霊によって「新たに生まれる」のです。 ヨハネ1:12&13は、「彼を受け入れた者の多くに、彼は神の子となる権利を、彼の名を信じる人々に与えた」と述べ、「血から生まれたのではない」ヨハネ3と同じ言葉を使っています。 、肉も、人間の意志も、神の意志も。」 これらは、イエスが教えられたことを受け取る「クリスチャン」である「彼ら」です。 それはあなたがイエスがしたとあなたが信じていることのすべてです。 コリント人への第一の手紙第15章3&4節は、「私があなたに説教した福音…キリストは聖書に従って私たちの罪のために死んだ、彼は埋葬され、三日目に育てられた…」と言っています。

これがクリスチャンになり、クリスチャンと呼ばれる唯一の方法です。 ヨハネによる福音書第14章6節で、イエスは言われた、「わたしは道であり、真実であり、いのちです。 だれも父に来るのではなく、わたしによって来るのです。」 使徒4:12とローマ10:13も読んでください。 あなたは神の家族に新たに生まれなければなりません。 あなたは信じなければなりません。 多くの人が新たに生まれるという意味をひねります。 彼らは独自の解釈を作成し、聖書を「書き直して」、それが精神的な目覚めや人生を新たにする経験を意味すると言って、それを強制的に含めますが、聖書は、イエスがしたことを信じることによって、私たちが新たに生まれ、神の子供になると明確に述べています我ら。 私たちは、聖書を知り、比較し、真理についての考えをあきらめることによって、神の道を理解しなければなりません。 私たちの考えを神の言葉、神の計画、神の道に置き換えることはできません。 ヨハネ3:19&20は、男性は「彼らの行いが非難されるべきではない」と明かすことはないと述べています。

この議論の第二の部分は、神のように物事を見ることでなければなりません。 私たちは神が御言葉である聖書の中で言われていることを受け入れなければなりません。 私たち全員が罪を犯し、神の目に悪いことをしていることを忘れないでください。 聖書はあなたのライフスタイルについて明確ですが、人類は単に「それはそれが意味することではない」と言うか、それを無視するか、「神は私をこのように造られました、それは正常です」と言うことを選びます。 罪が世界に入ったとき、神の世界は堕落し、呪われたことを覚えておかなければなりません。 それはもはや神が意図した通りではありません。 ヤコブ2:10は、「律法全体を守りながら、ある点でつまずく者は、すべての罪を犯してきました」と述べています。 私たちの罪が何であるかは問題ではありません。

私は多くの罪の定義を聞きました。 罪は、神に憎まれるまたは不快なものを超えます。 それは私たちにとっても他人にとっても良くないことです。 罪は私たちの考えをひっくり返します。 罪とは善とみなされ、正義は歪曲されます(ハバクク1:4を参照)。 善は悪と見なされ、悪は善と見なされます。 悪い人は被害者になり、良い人は悪になります:憎しみ、愛情、寛容、または不寛容。
これがあなたが尋ねている主題に関する聖書の聖句のリストです。 彼らは私たちに神の考えを教えてくれます。 あなたがそれらを説明し続け、神を不快にさせることを続けたとしても、それが大丈夫だとは言えません。 あなたは神の支配下にあります。 彼だけが判断することができます。 私たちの議論はあなたを納得させることはありません。 神は私たちに神に従うか従わないかを選択する自由意志を与えてくれますが、私たちはその結果を支払います。 私たちは、聖書がその主題について明白であると信じています。 これらの聖句を読んでください:ローマ1:18-32、特に26&27節。 Leviticus18:22と20:13も読んでください。 Iコリント6:9&10; テモテへの手紙1:8-10; 創世記19:4-8(そしてギブアの人々がソドムの人々と同じことを言った裁判官19:22-26); ジュード6&7と黙示録21:8と22:15。

良い知らせは、私たちがキリスト・イエスを救い主として受け入れたとき、私たちはすべての罪を赦されたということです。 ミカ7:19は、「あなたは彼らの罪をすべて海の深みに投げ込むでしょう」と言っています。 私たちは誰もを非難したくはありませんが、私たち全員が罪を犯しているので、愛し許している人に彼らを向けるのです。 ヨハネ8:1-11を読んでください。 イエスは、「罪のない者は誰でも、最初の石を投げさせてください」と言われます。 コリント人への第一の手紙第6章11節は、「あなた方の何人かでしたが、洗われましたが、聖別されましたが、主イエス・キリストの御名と私たちの神の霊によって義とされました」と述べています。 私たちは「愛する人に受け入れられています(エペソ1:6)。 私たちが真の信者であるならば、私たちは光の中を歩き、私たちの罪、私たちが犯すどんな罪も認めることによって罪を克服しなければなりません。 ヨハネの手紙第1章4-10節を読んでください。 ヨハネによる福音書第1章9節は信者たちに書かれました。 「私たちが自分の罪を告白するなら、彼は私たちの罪を赦し、すべての不義から私たちを清めるために忠実で義にかなった人です。」と書かれています。

あなたが真の信者でないなら、あなたはそうすることができます(黙示録22:17)。 イエスはあなたが彼に来ることを望んでおり、彼はあなたを追い出すことはありません(ジョン6:37)。
ヨハネ第一1:9に見られるように、私たちが神の子供であるならば、神は私たちが神と共に歩み、恵みをもって成長し、「神が聖であるように聖なる」ことを望んでおられます(Iペテロ1:16)。 私たちは失敗を克服しなければなりません。

人間の父親ができるように、神は彼の子供たちを捨てたり、否認したりしません。 ヨハネ10:28は、「わたしは彼らに永遠のいのちを与え、彼らは決して滅びることはない」と言っています。 ヨハネ3:15は、「彼を信じる者は誰でも滅びることなく、永遠のいのちを持つ」と述べています。 この約束は、ヨハネ3章だけで6回繰り返されます。 ヨハネ39:10とヘブライ14:13も参照してください。 ヘブライ5:10は、「私は決してあなたを離れたり、見捨てたりしません」と言っています。 ヘブライ人への手紙第17章5節は、「彼らの罪と無法な行いは、これ以上覚えていません」と述べています。 ローマ9:24とユダ2も参照してください。1テモテ12:5は、「彼は、私がその日に約束したことを守ることができます」と述べています。 Iテサロニケ9:11-XNUMXは、「私たちは怒りに任命されているのではなく、救いを受けるように任命されています。そうすれば、私たちは彼と一緒に暮らすことができます」と述べています。

聖書を読んで研究すると、神の恵み、憐れみ、許しは、罪を犯し続けたり、神を不快にさせるような生き方をしたりする許可や自由を私たちに与えないことがわかります。 恵みは「脱獄の無料カード」のようなものではありません。 ローマ人への手紙第6章1節と第2節はこう言っています。 恵みが増すように、私たちは罪を犯し続けますか? それが決してないように! 罪のために死んだ私たちは、どうやってそこに住むのでしょうか?」 神は善良で完全な父であり、私たちが従わず、反抗し、神が憎むことをするなら、神は私たちを正し、懲らしめるでしょう。 ヘブライ12:4-11をお読みください。 それは彼が彼の子供たちを懲らしめそして惨めにするであろうと言っています(6節)。 ヘブライ12:10は、「神は、私たちが神の聖さを分かち合うことができるように、私たちの善のために私たちを懲らしめます」と述べています。 11節には、規律について書かれています。「それは、それによって訓練された人々に神聖さと平和の収穫をもたらします。」
ダビデが神に対して罪を犯したとき、彼は自分の罪を認めたときに赦されましたが、彼は生涯罪の結果に苦しみました。 サウルが罪を犯したとき、彼は王国を失いました。 神はイスラエルを彼らの罪の監禁によって罰しました。 時には神は私たちを懲らしめるために罪の結果を支払うことを許されます。 Galatians 5:1もご覧ください。

私たちはあなたの質問に答えているので、聖書が教えていると私たちが信じていることに基づいて意見を述べています。 これは意見についての論争ではありません。 ガラテヤ6:1は、「兄弟姉妹、誰かが罪に捕らえられた場合、御霊によって生きるあなたはその人を穏やかに回復するべきです」と述べています。 神は罪人を憎まれません。 息子がヨハネ8:1-11で姦淫に巻き込まれた女性と同じように、私たちは彼らに許しのために彼のところに来てもらいたいのです。 ローマ人への手紙第5章8節は、「しかし、私たちがまだ罪人であった間に、キリストが私たちのために死なれたという点で、神は私たちに対するご自身の愛を示しています」と述べています。

どうすれば神と平和を築くことができますか

神の言葉によれば、「神と人との間に、神と人との間に仲介人が一人います。イエス・キリスト」です(テモテ第二2:5)。 私たちが神と平和を結ばないのは、私たちがすべて罪人だからです。 ローマ人への手紙第3章23節は、「すべての人が罪を犯し、神の栄光に届かなかったのです。」 イザヤ64:6は、「私たちはみな汚れた物であり、すべての義(善行)は汚いぼろきれであり、風のような私たちの不義(罪)は私たちを連れ去ってくれました。」 イザヤ書59:2は次のように述べています。

しかし、神は私たちが私たちの罪から贖われ(救われ)、神と和解(または正しくされる)される方法を造られました。 罪は罰せられなければならず、私たちの罪に対する正当な罰(支払い)は死です。 ローマ人への手紙第6章23節には、「罪の報いは死ですが、神の賜物は私たちの主イエス・キリストによる永遠のいのちです」と書かれています。 ヨハネによる福音書第4章14節は、「そして、父が御子を世の救い主となるように遣わされたことを見て、証言しています」と述べています。 ヨハネ3:17は次のように述べています。「神は世を非難するために御子を世に遣わされなかったからです。 しかし、彼を通して世界が救われるかもしれないということです。」 ヨハネ10:28はこう言っています。「わたしは彼らに永遠の命を与えます。彼らは決して滅びることはありません。 誰も私の手からそれらを奪うことはありません。」 神と仲介者は14人だけです。 ヨハネ6:53は、「イエスは彼に言われた、 『わたしは道であり、真実であり、いのちである。だれも父のもとに来るのではなく、わたしによってである』。 イザヤ5章を読んでください。特に6節とXNUMX節に注意してください。 彼らはこう言います。「彼は私たちの罪のために負傷しました。彼は私たちの不義のために傷つけられました。 私たちの平和の懲罰は彼にありました。 そして彼の縞模様で私たちは癒されます。 私たちが好きな羊はすべて迷っています。 私たちは向きを変えました 一人一人 彼自身の道に; そしてその 主は私たちすべての罪を彼に負わされました。」 8b節に続きます。「彼は生きている土地から切り離されました。 私の民の罪を犯したのは、彼が打たれたからです。」 そして10節にはこう書かれています。 彼は彼を悲しませました。 あなたが彼の魂と罪のためにささげるとき…」そして11節はこう言っています、「彼の知識(彼の知識)によって、私の正しいしもべが多くを正当化するでしょう。 彼は彼らの不義を負うからである。」 12節は、「彼は自分の魂を死ぬまで注いだ」と述べています。 ピーター2:24はこう述べています。 our 木の上の彼自身の体の罪…」

私たちの罪に対する罰は死でしたが、神は私たちの罪を彼(イエス)に負わせ、私たちの代わりに私たちの罪の代価を払われました。 彼は私たちの代わりになり、私たちのために罰せられました。 保存方法の詳細については、このサイトにアクセスしてください。 コロサイ1:20&21とイザヤ53章は、これが神が人とご自身との間で平和を築く方法であることを明らかにしています。 「そして、彼の十字架の血によって平和を築き、すべてのものを彼自身に和解させるために…そして、邪悪な働きによって時々疎外され、あなたの心の敵であったあなたは、今や彼は和解しました。」 22節は、「死を通して彼の肉の体の中で」と述べています。 エペソ2:13-17も読んでください。彼の血によって、彼は私たちの罪によって創造された私たちと神との間の仕切りや敵意を打ち破り、私たちに神との平和をもたらす私たちの平和です。 読んでください。 イエスがニコデモに神の家族に生まれる方法(新たに生まれる方法)を告げたヨハネの第3章を読んでください。 モーセが荒野で蛇を持ち上げたとき、イエスは十字架で持ち上げられなければならず、許されるためには、私たちは救い主として「イエスに目を向ける」のです。 彼はこれを信じなければならないと彼に言ってこれを説明します、16節、「神は世界をとても愛していたので、彼は彼の独り子を与えました。 滅びない しかし、永遠の命があります。」 ヨハネによる福音書第1章12節は、「彼を受け入れたすべての人、彼の名を信じた人々に、彼は神の子供になる権利を与えた」と述べています。コリント人への第一の手紙第15章1&2節は、これが福音であると述べています。保存されました。」 3節と4節は、「わたしがあなたがたに届けたのは…キリストが聖書に従って私たちの罪のために死んだこと、そして彼が葬られたこと、そして聖書に従って再びよみがえったこと」と述べています。 マタイによる福音書第26章28節で、イエスは、「これは、罪の赦しのために多くの人に流される私の血の新約聖書です」と言われました。 あなたはこれが救われ、神との平和を持つことを信じなければなりません。 ヨハネによる福音書第20章31節は、「しかし、これらは、イエスがメシアであり、神の子であると信じることができ、信じることによって、彼の名によって命を得ることができると書かれています」と述べています。 使徒16:31は、「彼らは答えた、 『主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたとあなたの家族は救われるでしょう』。

ローマ3:22-25およびローマ4:22-5:2を参照してください。 私たちの救いのメッセージとして非常に美しいこれらの聖句をすべて読んでください。これらのことは、これらの人々のためだけに書かれたのではなく、私たち全員が神との平和をもたらすために書かれています。 それは、アブラハムと私たちが信仰によってどのように正当化されるかを示しています。 4:23-5:1節はそれをはっきりと言っています。 「しかし、これらの「彼に数えられた」という言葉は、彼のためだけに書かれたのではなく、私たちのためにも書かれたものです。 私たちの不法侵入のために救われ、私たちの正当化のために育てられた、主イエスを死からよみがえらせた方を信じる私たちに数えられます。 したがって、私たちは信仰によって正当化されているので、私たちは主イエス・キリストを通して神との平和を持っています。」 使徒10:36も参照してください。

この質問には別の側面があります。 もしあなたがすでに神の家族の一つであるイエスを信じており、あなたが罪を犯しているなら、あなたの父親との交わりは妨げられ、あなたは神の平安を体験することはありません。 あなたは父親との関係を失うことはありません、あなたはまだ彼の子供であり、神の約束はあなたのものです。 罪は聖霊を悲しませます(エフェソス4:29-31)が、神の言葉はあなたに約束を与えています。 彼は私たちのためにとりなします(ローマ人への手紙第2章1節)。 私たちにとっての彼の死は「すべての人に一度」(ヘブライ8:34)でした。 ヨハネ10:10は、彼の約束を語っています。 聖句は、その交わりの回復とそれによる私たちの平和について語っています。 ヨハネ1:9-1を読んでください。

このトピックに関する他の質問への回答を書いている最中です。すぐに探してください。 神との平和は、私たちが神の御子イエスを受け入れ、神への信仰によって救われるとき、神が私たちに与えてくださる多くのことのXNUMXつです。

私が救われたのに、なぜ私は罪を犯し続けるのですか?
聖書はこの質問に対する答えを持っているので、経験から、私たちが正直であるならはっきりさせてください。また、聖書からも、救いが自動的に罪を犯さないわけではないのは事実です。

私が知っている誰かが個人を主に導き、数週間後に彼女から非常に興味深い電話を受けました。 新しく救われた人は、「私はクリスチャンになることはできないでしょう。 私は今まで以上に罪を犯しています。」 彼女を主に導いた人は、「あなたは今までやったことがない罪深いことをしているのですか、それとも今までずっとやってきたことをしているのですか?それをするとき、あなたはそれらについてひどく罪を感じますか?」 女性は「XNUMX回目です」と答えました。 そして、彼女を主に導いた人は、自信を持って彼女に言いました。「あなたはクリスチャンです。 罪の有罪判決を受けることは、あなたが本当に救われているという最初の兆候のXNUMXつです。」

新約聖書の手紙は私たちにやめるべき罪のリストを与えてくれます。 避けるべき罪、私たちが犯す罪。 彼らはまた、私たちがすべきことと失敗すること、私たちが怠慢の罪と呼ぶことをリストしています。 ヤコブ4:17は、「善を行うことを知っていて、それを行わない者にとって、それは罪です」と言っています。 ローマ人への手紙第3章23節は、「すべての人が罪を犯し、神の栄光に満たない」と言っています。 例として、ジェームズ2:15&16は、弟が困っているのを見て、何も助けていない兄弟(クリスチャン)について語っています。 これは罪です。

コリントの信徒への手紙の中で、パウロはクリスチャンがいかに悪いかを示しています。 コリント人への第一の手紙第1章10節と第11節で、彼は彼らと分裂の間で争いがあったと言っています。 第3章では、彼はそれらを肉欲的(肉体的)および赤ん坊として扱っています。 私たちはしばしば子供や時には大人に赤ちゃんのように振る舞うのをやめるように言います。 あなたは絵を手に入れます。 赤ちゃんは、しゃがんだり、叩いたり、突いたり、つまんだり、お互いの髪を引っ張ったり、噛んだりします。 コミカルに聞こえますが、とても真実です。

ガラテヤ人への手紙第5章15節で、パウロはクリスチャンに互いに噛んだり食い尽くしたりしないようにと言っています。 コリントの信徒への手紙第4章18節で、彼はそれらのいくつかが傲慢になっていると言っています。 第5章1節では、さらに悪化しています。 「あなたの間には不道徳があり、異教徒の間でも起こらない種類の不道徳があると報告されています。」 彼らの罪は明白でした。 ヤコブ3:2は、私たち全員がさまざまな方法でつまずくと言っています。

ガラテヤ5:19&20は、罪深い性質の行為をリストしています:不道徳、不純物、嫉妬、偶像崇拝、魔術、憎しみ、不和、嫉妬、怒りの発作、利己的な野心、不和、派閥、羨望、酩酊、そして神とは対照的な乱交期待するもの:愛、喜び、平和、忍耐、優しさ、善良さ、誠実さ、優しさ、そして自制心。

エペソ4:19は、不道徳、​​26節の怒り、28節の盗み、29節の不健全な言葉、31節の苦味、怒り、誹謗中傷、悪意について述べています。 エペソ5:4は、不潔な話と粗雑な冗談に言及しています。 これらの同じ箇所は、神が私たちに期待していることも示しています。 イエスは私たちに、天の父が完全であるように完全であると言われました。「世界があなたの良い働きを見て、天の父を賛美するためです」。 神は私たちが神のようになることを望んでおられますが(マタイ5:48)、そうではないことは明らかです。

私たちが理解する必要のあるクリスチャンの経験にはいくつかの側面があります。 私たちがキリスト神を信じるようになった瞬間、私たちに特定のことが与えられます。 彼は私たちを許します。 私たちが有罪であるにもかかわらず、彼は私たちを正当化します。 彼は私たちに永遠の命を与えてくれます。 彼は私たちを「キリストの体」の中に置きます。 彼は私たちをキリストにおいて完全なものにします。 これに使われる言葉は聖化であり、神の前で完全であると区別されています。 私たちは神の家族に新たに生まれ、神の子供になります。 彼は聖霊を通して私たちの中に住むようになります。 では、なぜ私たちはまだ罪を犯しているのでしょうか? ローマ人への手紙第7章とガラテヤ人への手紙第5章17節は、私たちが死すべき体の中で生きている限り、神の御霊が今私たちの内に住んでいるとしても、罪深い古い性質を持っていると言ってこれを説明しています。 ガラテヤ5:17は、「罪深い性質は、御霊に反することを望み、御霊は罪深い性質に反することを望んでいるからです。 それらは互いに対立しているので、あなたはあなたが望むことをしません。」 私たちは神が望んでおられることをしません。

マーティンルターとチャールズホッジの解説では、聖書を通して神に近づき、神の完全な光に近づくほど、私たちがどれほど不完全であり、どれほど神の栄光に及ばないかがわかるようになっています。 ローマ3:23

パウロはローマ人への手紙第7章でこの対立を経験したようです。両方の論評はまた、すべてのクリスチャンはパウロの憤慨と窮状と同一視できると言っています。私たちは自分自身を罪深い性質の奴隷として見つけます。

ヨハネの手紙第1章8節は、「私たちに罪がないと言うなら、私たちは自分を欺き、真理は私たちの中にはありません」と言っています。 ヨハネによる福音書第1章10節は、「私たちが罪を犯していないと言うなら、私たちは彼を嘘つきであると見なし、彼の言葉は私たちの生活に何の意味もありません」と述べています。

ローマ人への手紙第7章を読んでください。ローマ人への手紙第7章14節で、パウロは自分自身を「罪への束縛に売られた」と述べています。 15節で彼は私が何をしているのか理解していないと言っています。 私は自分がやりたいことを実践していませんが、嫌いなことをしているからです。」 17節で彼は問題は彼の中に生きる罪であると言っています。 パウロはとてもイライラしているので、少し違う言葉でこれらのことをさらに18回述べています。 19節で彼は、「私には(つまり、肉の中にある-パウロの古い性質に対する言葉)、良いものは何も宿っていないことを知っています。意志は私にありますが、私が見つけられない良いことをどのように行うかです。」 19節は、「私がする善のために、私はしませんが、私がしない悪は、私が実践することです」と述べています。 NIVはXNUMX節を「私は善を行いたいと願っていますが、それを実行することはできません」と訳しています。

ローマ人への手紙第7章21-23節で、彼は再び自分の葛藤を、自分の心の法則(内なる存在の霊的性質を指す)と戦う、自分のメンバーの中で働く法則(肉の性質を指す)として説明しています。 彼の内面は神の律法を喜んでいますが、「悪は私と共にあります」、そして罪深い性質は「彼の心の律法に対して戦争をし、彼を罪の律法の囚人にする」ことです。 私たちは皆、信者として、この対立と、パウロが24節で叫ぶときの極度の欲求不満を経験しています。 誰が私をこの死体から救うのだろうか?」 パウロが述べているのは、私たち全員が直面している葛藤です。ガラテヤ5:17で見た、古い自然(肉)と私たちの内に宿る聖霊との葛藤です。しかし、パウロはローマ人への手紙第6章1節でもこう述べています。恵みがたくさんあるかもしれない罪。 神は禁じられています。 パウロはまた、神は私たちが罪の罰からだけでなく、この人生におけるその力と支配からも救われることを望んでおられると言います。 パウロがローマ人への手紙第5章17節で述べているように、「一人の人の不法侵入によって、その一人の人を通して死が支配されたとしたら、神の豊かな恵みと義の賜物を受け取る人々は、一人の男、イエス・キリスト。」 ヨハネの手紙第2章1節で、ヨハネは信者たちに、彼らが罪を犯さないように手紙を書いていると言っています。 エペソ人への手紙第4章14節で、パウロは私たちがもう赤ちゃんにならないように成長するべきだと言っています(コリント人のように)。

それで、パウロがローマ人への手紙第7章24節で叫んだとき、「だれが私を助けてくれるでしょうか」。 (そして私たちと一緒に)彼は25節で「私は神に感謝します-私たちの主イエス・キリストを通して」と歓喜の答えを持っています。 彼は答えがキリストにあることを知っています。 勝利(聖化)と救いは、私たちの内に住むキリストの備えによってもたらされます。 多くの信者は「私はただの人間だ」と言って罪の中で生きることを受け入れるのではないかと心配していますが、ローマ人への手紙第6章は私たちに備えを与えてくれます。 私たちは今、選択の余地があり、罪を犯し続ける言い訳はありません。

私が救われたのなら、なぜ私は罪を犯し続けるのですか? (パート2)(神のパート)

私たちの経験と聖書の両方から明らかなように、私たちは神の子供になった後もまだ罪を犯していることを理解しました。 私たちはそれについて何をすべきですか? まず、このプロセスは、それが何であるかということですが、永遠の命の希望を彼らの善行ではなく、キリストの完成した仕事(私たちのための彼の死、埋葬、そして復活)に置いた信者にのみ適用されると言わせてください罪の赦しのために); 神によって義とされた人々。 Iコリント15:3&4とエペソ1:7を参照してください。 それが信者だけに当てはまる理由は、私たちが自分自身を完璧または聖なるものにするために自分で何もすることができないからです。 それは神のみが聖霊を通してできることであり、これから見ていくように、信者だけが聖霊を宿しているのです。 テトス3:5&6を読む; エペソ2:8&9; ローマ4:3&22とガラテヤ3:6

聖書は、私たちが信じる瞬間に、神が私たちのためにしてくださる二つのことがあると教えています。 (他にもたくさんあります。)しかし、これらは私たちが私たちの生活の中で罪に対して「勝利」をするために不可欠です。 第一に、神は私たちをキリストに入れてください(理解するのは難しいですが、私たちは受け入れて信じなければなりません)。第二に、神は聖霊を通して私たちの中に住まわれるようになります。

聖書は、コリント人への第一の手紙第1章20節で、私たちは彼の中にいると言っています。 「彼の行いによって、あなたは私たちに神からの知恵と義と聖化と贖いとなったキリストの中にいます。」 ローマ人への手紙第6章3節は、私たちが「キリストに」バプテスマを授けられたと言っています。 これは、水中での私たちのバプテスマについてではなく、聖霊が私たちをキリストに入れてくださる働きについて語っています。

聖書はまた、聖霊が私たちの内に住むようになることを教えています。 ヨハネ14:16&17で、イエスは弟子たちに、彼らと一緒にいて彼らの中にいる慰め者(聖霊)を送ると言われました(彼は彼らの中に住むか住むでしょう)。 すべての信者の中に、神の御霊が私たちの中にあると私たちに告げている他の聖書があります。 ヨハネ14&15、使徒1:1-8、コリント人への第一の手紙12:13を読んでください。 ヨハネ17:23は彼が私たちの心の中にいると言います。 実際、ローマ人への手紙第8章9節は、神の御霊があなたの中になければ、あなたはキリストに属していないと言っています。 したがって、これ(つまり、私たちを聖なるものにすること)は内在する霊の働きであるため、内在する霊を持っている信者だけが、自分の罪に対して自由になるか、勝利することができると言います。

聖書には次のようなものが含まれていると言われています:1)信じなければならない真理(完全に理解していなくても、2)従う命令、3)信頼することを約束する。 上記の事実は、信じなければならない真理です。つまり、私たちは彼の中にいて、彼は私たちの中にいます。 この調査を続けるときは、信頼して従うというこの考えを念頭に置いてください。 それを理解するのに役立つと思います。 日常生活の中で罪を克服するために理解する必要のある1つの部分があります。 神の部分と私たちの部分があり、それは従順です。 まず、私たちがキリストの中にいることと、キリストが私たちの中にいることについての神の部分を見ていきます。 あなたがそうするならそれを呼んでください:2)神の備え、私はキリストの中にあり、XNUMX)神の力、キリストは私の中にあります。

これは、パウロがローマ人への手紙第7章24-25節で「だれが私を救い出すのか…私は神に感謝する…私たちの主イエス・キリストを通して」と言ったときに話していたことです。 このプロセスは神の助けなしには不可能であることを覚えておいてください。

 

聖書から、私たちに対する神の願いは聖なるものにされ、私たちが罪を克服することであることが明らかです。 ローマ人への手紙第8章29節は、信者として、彼は「私たちが彼の息子の似姿に一致するように運命づけられた」と語っています。 ローマ人への手紙第6章4節は、彼の願いは私たちが「人生の新しさの中を歩む」ことであると言っています。 コロサイ1:8は、パウロの教えの目標は「すべての人をキリストにおいて完全で完全なものとして提示すること」であったと述べています。 神は私たちに、私たちが成熟することを望んでおられることを教えてくださいます(コリントの信徒のように赤ん坊のままではありません)。 エペソ4:13は、「知識が成熟し、キリストの完全さを完全に測ることができる」と述べています。 15節は私たちが彼に成長することを述べています。 エペソ4:24は、私たちが「新しい自己を身につけることです。 真の義と聖さにおいて神のようになるように創造されました。」bIテサロニケ4:3は、「これは神の御心であり、あなたの聖化でさえあります」と述べています。 7節と8節は、彼が「私たちを不純に召したのではなく、聖化した」と述べています。 第8節は、「私たちがこれを拒絶するなら、私たちは聖霊を私たちに与えてくださる神を拒絶している」と述べています。

(聖霊が私たちの中にあり、私たちが変わることができるという考えを結びつける。)聖化という言葉の定義は少し複雑かもしれませんが、旧約聖書では、神の使用のために物や人を区別するか、神に提示することを意味しました。それを浄化するために提供されている犠牲。 ですから、ここでの私たちの目的のために、私たちは聖化されることは神に引き離されるか、神に提示されることであると言っています。 私たちは十字架でのキリストの死の犠牲によって彼のために聖くされました。 これは、私たちが言うように、私たちが信じ、神が私たちをキリストにおいて完全であると見なすときの位置的聖化です(彼に服を着て覆われ、彼に義と認められ、宣言されます)。 私たちが日々の経験で罪を克服することに勝利するとき、私たちが完全になるにつれて、それは進歩的です。 聖化に関する節は、このプロセスを説明または説明しています。 私たちは、清められ、清められ、聖く、非難されないなど、神に示され、分けられたいと願っています。ヘブライ10:14は、「一つの犠牲によって、神は聖なる者を永遠に完全にされた」と述べています。

この主題に関するその他の節は次のとおりです。ヨハネの手紙第2章1節は、「あなたが罪を犯さないように、これらのことをあなたに書いています」と述べています。 ペトロの手紙一2:24は、「キリストは私たちの罪を木の上の彼自身の体に負わせました…私たちは義に生きるべきです」と言っています。 ヘブライ9:14は、「キリストの血は、生ける神に仕えるために死んだ業から私たちを清めます」と語っています。

ここには、私たちの神聖さに対する神の願いだけでなく、私たちの勝利に対する神の備えがあります。ローマ6:1-12で説明されているように、私たちは神の中にいて、神の死を分かち合います。 2コリント5:21は次のように述べています。「彼は、私たちが彼の中で神の義となるために、罪を知らない私たちのために彼を罪とされました。」 フィリピ3:9、ローマ12:1&2、ローマ5:17も読んでください。

ローマ人への手紙第6章1-12節を読んでください。 ここに、罪に対する私たちの勝利、すなわち神の備えのための私たちのための神の働きの説明があります。 ローマ人への手紙第6章1節は、神が私たちに罪を犯し続けることを望まないという第2章の考えを続けています。 それは言う:それでは何と言うか? 恵みが満ちあふれるように、私たちは罪を犯し続けましょうか?」 第5節は、「神は禁じられています。 罪のために死んでいる私たちは、どうやってそこに住むのでしょうか?」 ローマ人への手紙第17章XNUMX節は、「豊かな恵みと義の賜物を受け取る人は、イエス・キリストを通して人生を支配する」と述べています。 彼は今、この人生で私たちのために勝利を望んでいます。

私たちがキリストにあることについてのローマ6章の説明を強調したいと思います。 私たちはキリストへのバプテスマについて話しました。 (これは水のバプテスマではなく、御霊の働きであることを忘れないでください。)3節は、これは私たちが「彼の死にバプテスマを受けた」ことを意味し、「私たちは彼と一緒に死んだ」ことを意味すると教えています。 3-5節は、私たちが「彼と一緒に埋葬されている」と述べています。 5節は、私たちが彼の中にいるので、私たちは彼の死、埋葬、そして復活において彼と団結していると説明しています。 第6節は、「罪の体が取り除かれ、もはや罪の奴隷にならないようにするために」、私たちは彼と共に十字架につけられていると述べています。 これは、罪の力が壊れていることを示しています。 NIVとNASBの脚注はどちらも、「罪の体は無力になるかもしれない」と訳される可能性があると述べています。 別の訳は、「罪は私たちを支配しない」ということです。

7節は「死んだ人は罪から解放されます。 このため、罪はもはや私たちを奴隷として保持することはできません。 11節は「私たちは罪のために死んでいる」と言っています。 14節は「罪はあなたを支配してはならない」と言っています。 これは、キリストと共に十字架につけられたことが私たちのためにしたことです。 私たちはキリストと共に死んだので、キリストと共に罪を犯すために死にました。 はっきり言って、それらは彼が死んだ私たちの罪でした。 それらは彼が葬った私たちの罪でした。 したがって、罪はもはや私たちを支配する必要はありません。 簡単に言えば、私たちはキリストにあるので、私たちはキリストと共に死んだので、罪はもはや私たちを支配する必要はありません。

11節は私たちの一部です:私たちの信仰の行為。 前の節は、理解するのは難しいですが、私たちが信じなければならない事実です。 それらは私たちが信じて行動しなければならない真実です。 11節では、「頼りにする」という意味の「レコン」という言葉を使用しています。 これからは、信仰をもって行動しなければなりません。 この聖書箇所で神と共に「育てられた」ということは、私たちが「神に生きている」ことを意味し、「新しい人生を歩む」ことができるのです。 (4、8、16節)神が御霊を私たちにくださったので、私たちは今、勝利の人生を送ることができます。 コロサイ2:14は、「私たちは世界に死に、世界は私たちに死んだ」と述べています。 別の言い方をすれば、イエスは私たちを罪の罰から解放するためだけでなく、私たちに対する支配を破るために死んだので、私たちを現在の生活の中で純粋で聖なるものにすることができたということです。

使徒26:18で、ルカはイエスがパウロに、福音は「彼らを暗闇から光へ、そしてサタンの力から神へと変え、彼らが罪の赦しと聖化された(聖なる者とされた)人々の間の相続を受けることができるようになる」と言ったと引用しています。 )わたし(イエス)への信仰によって。」

この研究の第1部では、パウロがこれらの事実を理解している、または知っていたとしても、勝利は自動的なものではなく、私たちにとってもそうではなかったことをすでに確認しました。 彼は自己努力によっても、法律を守ろうとすることによっても勝利を収めることができず、私たちも勝利を収めることができませんでした。 罪のない勝利はキリストなしでは私たちには不可能です。

これが理由です。 エペソ2:8-10を読んでください。 それは私たちが義の業によって救われることができないことを私たちに告げています。 これは、ローマ6が言うように、私たちは「罪の下で売られている」からです。 私たちは自分の罪の代価を払ったり、許しを得たりすることはできません。 イザヤ64章6節は、神の目には「私たちのすべての義は不潔なぼろきれのようである」と語っています。 ローマ人への手紙第8章8節は、「肉の中にいる者は神を喜ばせることができない」と言っています。

ヨハネ15:4は、私たち自身では実を結ぶことができないことを示しており、5節は「私(キリスト)なしでは何もできない」と述べています。 ガラテヤ2:16は「律法の働きによって、肉は正当化されない」と述べ、21節は「義が律法によってもたらされるならば、キリストは不必要に死んだ」と述べています。 ヘブライ7:18は、「律法は何も完璧にしない」と言っています。

ローマ人への手紙第8章3&4節は次のように述べています。「律法が罪深い性質によって弱められたという点で、律法が無力であったために、神は自分の息子を罪深い人に似せて罪のいけにえとして遣わされました。 それで彼は罪深い人の罪を非難しました。それは、罪深い性質に従ってではなく、御霊に従って生きる私たちの中で、律法の義の要求が完全に満たされるためです。」

ローマ8:1-15とコロシア3:1-3を読んでください。 私たちは善行によって清められたり救われたりすることはできませんし、律法の働きによって聖化されることもできません。 ガラテヤ3:3は、「あなたは律法の働きによって、または信仰の聞き取りによって御霊を受けましたか? あなたはとても愚かですか? 御霊によって始められたあなたは今、肉において完全にされていますか?」 ですから、私たちはパウロのように、キリストの死によって罪から解放されたという事実を知っているにもかかわらず、まだ自己努力に苦しんでおり(ローマ7章を参照)、律法を守ることができず、罪と失敗に直面しています。そして、「私がいる惨めな男よ、私を救い出してくれるだろう!」と叫びました。

パウロの失敗の原因を振り返ってみましょう。1)律法はパウロを変えることができませんでした。 2)自助努力が失敗した。 3)神と律法を知れば知るほど、彼は悪く見えた。 (律法の仕事は、私たちを非常に罪深いものにし、罪を明らかにすることです。ローマ7:6,13)律法は、私たちが神の恵みと力を必要としていることを明らかにしました。 ヨハネ3:17-19が言うように、私たちが光に近づくほど、私たちが汚れていることが明らかになります。 4)彼はイライラして、「誰が私を救ってくれるの?」と言ってしまいます。 「私には良いものは何もありません。」 「悪は私と一緒にいます。」 「戦争は私の中にあります。」 「私はそれを実行することはできません。」 5)法にはそれ自身の要求を満たす力がなく、非難するだけでした。 それから彼は答えに来ます、ローマ7:25、「私は神に感謝します、私たちの主イエス・キリストを通して。 ですから、パウロは私たちを神の備えの第二の部分に導き、私たちの聖化を可能にします。 ローマ人への手紙第8章20節は、「命の霊は私たちを罪と死の法則から解放します」と述べています。 罪を克服する力と力は、私たちの中のキリスト、私たちの中の聖霊です。 ローマ人への手紙第8章1-15節をもう一度読んでください。

コロサイ1:27&28の新ジェイムズ王訳は、私たちに完璧を示すのは神の御霊の仕事であると言っています。 「神は、あなたの中のキリスト、栄光の希望である、紳士の間でこの神秘の栄光の富が何であるかを知らせてくださった」と書かれています。 「私たちはすべての人をキリスト・イエスにおいて完全な(または完全な)ものとして提示することができる」と続けています。 ここでの栄光は、ローマ人への手紙第3章23節で私たちが不足している栄光である可能性はありますか? コリントの信徒への手紙第二2:3を読んでください。神は、私たちを「栄光から栄光」へと神のかたちに変えたいとおっしゃっています。

御霊が私たちの中に来ることについて話したことを思い出してください。 ヨハネ14:16&17で、イエスは彼らと一緒にいた御霊が彼らの中に来ると言われました。 ヨハネによる福音書第16章7〜11節で、イエスは御霊が私たちの内に住むようになるために、彼が去る必要があると言われました。 ヨハネ14:20で彼は、「その日、あなたはわたしがわたしの父にあり、あなたがわたしにあり、わたしがあなたにいることを知るだろう」と言っています。まさに私たちが話していることです。 これは実際、旧約聖書ですべて予告されていました。 ジョエル2:24-29は、彼が聖霊を私たちの心に置いていることについて語っています。

使徒2章(それを読んでください)では、これは、イエスが天国に昇天した後のペンテコステの日に起こったことを示しています。 エレミヤ31:33&34(ヘブライ10:10、14、16の新約聖書で言及されている)では、神は神の律法を私たちの心に入れるという別の約束を果たしました。 ローマ人への手紙第7章6節では、これらの約束が果たされた結果、「新しく生きた方法で神に仕える」ことができると書かれています。 さて、私たちがキリストを信じる瞬間、御霊は私たちの内にとどまり(生き)、ローマ人への手紙第8章1-15節と24節を可能にします。 ローマ6:4&10とヘブライ10:1、10、14も読んでください。

この時点で、ガラテヤ人への手紙第2章20節を読んで暗記していただきたいと思います。 それを決して忘れません。 この聖句は、パウロが私たちに聖化について教えているすべての聖句を要約しています。 「私はキリストと共に十字架につけられていますが、それでも私は生きています。 しかし、私ではなく、キリストが私のうちに住んでいます。 そして、私が今肉体で生きている人生は、私を愛し、私のために身を捧げた神の子への信仰によって生きています。」

私たちのクリスチャン生活の中で神を喜ばせるために私たちがすることはすべて、「私ではありません。 しかし、キリスト。」 私の中に生きているのはキリストであり、私の働きや善行ではありません。 (罪を無力にするための)キリストの死の備えと私たちの内にある神の御霊の働きについても語っているこれらの聖句を読んでください。

Iペテロ1:2 2テサロニケ2:13ヘブライ2:13エペソ5:26&27コロシ3:1-3

神は御霊を通して私たちに打ち勝つ力を与えてくださいますが、それよりもさらに進んでください。 彼は私たちを内側から変え、私たちを変容させ、私たちを彼の御子、キリストの像に変えます。 私たちは彼がそれをすることを信頼しなければなりません。 これはプロセスです。 神によって始められ、神によって続けられ、神によって完了されます。

これが信頼する約束のリストです。 これが私たちができないことをし、私たちを変え、私たちをキリストのように聖なるものにする神です。 フィリピ1:6「これそのものに自信を持っている。 あなたの中で良い働きを始めた彼は、キリスト・イエスの日までそれを完成させるでしょう。」

エペソ3:19&20「私たちの中で働く力に応じて…神のすべての満ち足りで満たされている」。 「神は私たちの中で働いておられます」というのは、どれほど素晴らしいことでしょう。

ヘブライ13:20&21「今、平和の神が…イエス・キリストを通して、彼の意志を実行するためのすべての良い仕事を完了させ、彼の目に喜ばれることをあなたの中で働きます。」 ペトロの手紙一5:10「あなたをキリストの永遠の栄光に召されたすべての恵みの神は、あなたを完全にし、確認し、強め、確立するでしょう。」

Iテサロニケ5:23&24「今、平和の神ご自身があなたを完全に聖別しますように。 そして、あなたの霊と魂と体が、私たちの主イエス・キリストの到来を非難することなく完全に保存されますように。 忠実なのはあなたを呼ぶ者であり、またそれをする者です。」 NASBは「彼もそれを実現させるだろう」と言っています。

ヘブライ12:2は、「私たちの信仰の著者であり完成者であるイエスに目を向けるようにと言っています(NASBはより完璧だと言っています)。」 コリント人への第一の手紙第1章8節と9節「私たちの主イエス・キリストの日に、神はあなたを最後まで非難せずに確認されます。 テサロニケ人への第一の手紙第3章12節と13節は、神は「私たちの主イエスの到来であなたの心を非難せずに高め」、「確立する」と言っています。

ヨハネによる福音書第3章2節は、「私たちが彼を彼のように見るとき、私たちは彼のようになる」と語っています。 イエスが戻ったとき、または私たちが死んだときに私たちが天国に行くとき、神はこれを完了します。

私たちは、聖化がプロセスであることを示している多くの聖句を見てきました。 ピリピ3:12-14を読んでください。「私はまだ達成しておらず、どちらも完全ではありませんが、キリスト・イエスにおける神の高い召しの目標に向かって押し進めています。」 ある解説では、「追求する」という言葉を使用しています。 それはプロセスであるだけでなく、積極的な参加も含まれます。

エペソ4:11-16は、教会が協力して、「すべてのことにおいて、頭である彼、つまりキリストに成長する」ことができると告げています。 聖書はまた、ペトロの手紙一2:2で「成長する」という言葉を使用しています。そこでは、「あなたがそれによって成長することができるように、言葉の純粋な乳を望んでいます」と読んでいます。 成長には時間がかかります。

この旅は、ウォーキングとも呼ばれます。 歩くのは遅い道です。 一歩ずつ; プロセス。 私はジョンが光の中を歩くことについて話します(つまり、神の言葉)。 ガラテヤ人は5:16に御霊の中を歩くように言います。 二人は手をつないで行きます。 ヨハネによる福音書第17章17節で、イエスは「真理を通して彼らを聖別しなさい。あなたの言葉は真理です」と言われました。 神の言葉と御霊はこの過程で一緒に働きます。 それらは切り離せません。

このトピックを研究するにつれて、アクション動詞がたくさん見られ始めています:歩く、追求する、欲望など。ローマ6に戻ってもう一度読むと、それらの多くが表示されます:計算、提示、譲歩、しない産出。 これは、私たちがしなければならないことがあるという意味ではありません。 従うべき命令があること。 私たちの側で必要な努力。

ローマ人への手紙第6章12節は、「それゆえに(つまり、キリストにおける私たちの立場と私たちにおけるキリストの力のために)罪を犯してはならない」と述べています。 13節は、罪ではなく、私たちの体を神に差し出すように命じています。 それは私たちに「罪の奴隷」ではないことを告げています。 これらは私たちの選択であり、従うべき私たちの命令です。 私たちの「やること」リスト。 覚えておいてください、私たちは自分の努力によってそれをすることはできませんが、私たちの中の彼の力を通してのみそれをすることができます、しかし私たちはそれをしなければなりません。

私たちは常にそれがキリストを通してのみであることを覚えておかなければなりません。 Iコリント15:57(NKJB)は、この驚くべき約束を私たちに与えています。「私たちの主イエス・キリストを通して私たちに勝利を与えてくださった神に感謝します。」 ですから、私たちが「する」ことでさえ、彼を通して、霊の働きの力を通してです。 フィリピ4:13は、「私たちを強めるキリストを通してすべてのことを行うことができる」と語っています。 つまり、私たちが彼なしでは何もできないのと同じように、私たちは彼を通してすべてのことを行うことができます。

神は私たちに、神が私たちに求めていることは何でも「する」力を与えてくださいます。 ローマ人への手紙第6章5節で表現されているように、それを「復活」の力と呼ぶ信者もいます。「私たちは彼の復活に似ているでしょう」。 11節は、キリストを死からよみがえらせた神の力が、私たちを人生の新しさに引き上げ、この人生で神に仕えると述べています。

フィリピ3:9-14はまた、これを「キリストへの信仰によるもの、信仰による神からの義」と表現しています。 この聖句から、キリストへの信仰が不可欠であることは明らかです。 私たちは救われるために信じなければなりません。 私たちはまた、神の聖化の備えを信じなければなりません。 私たちのためのキリストの死。 御霊によって私たちの内で働く神の力への信仰。 神が私たちに変化する力を与えてくださるという信仰と、神が私たちを変えてくださるという信仰。 これはどれも信仰なしには不可能です。 それは私たちを神の備えと力に結びつけます。 私たちが信頼し、従うとき、神は私たちを聖別します。 私たちは真実に基づいて行動するのに十分信じなければなりません。 従うのに十分です。 賛美歌の合唱を覚えておいてください:

「信頼して従う。イエスを幸せにする以外に方法はないからです。信頼して従うのです。」

このプロセスに信仰を関連付ける他の聖句(神の力によって変えられる):エペソ人への手紙第1章19節と20節死者の中から。」

エペソ3:19&20は、「あなたはキリストのすべての満ち足りで満たされるかもしれないと言っています。今、私たちの中で働く力に従って、私たちが求めたり考えたりすることを何よりも豊富に行うことができる彼に。」 ヘブライ11:6は、「信仰がなければ、神を喜ばせることは不可能です」と述べています。

ローマ人への手紙第1章17節は「正義は信仰によって生きる」と言っています。 これは、救いへの最初の信仰だけでなく、神が私たちの聖化のために提供するすべてのものに私たちをつなぐ私たちの日々の信仰を指していると私は信じています。 私たちの日常生活と信仰に従って歩きます。

参照:フィリピ3:9; ガラテヤ3:26、11; ヘブライ10:38; ガラテヤ2:20; ローマ3:20-25; 2コリント5:7; エペソ3:12&17

従うには信仰が必要です。 ガラテヤ3:2&3を思い出してください。「あなたは律法の働きまたは信仰の聞き取りによって御霊を受けましたか…御霊によって始められたので、あなたは今、肉において完全にされていますか?」 あなたが一節全体を読むならば、それは信仰によって生きることを指します。 コロサイ2:6は、「あなたがキリスト・イエスを(信仰によって)受け入れたので、彼の中を歩きなさい」と言っています。 ガラテヤ5:25は、「私たちが御霊に生きるなら、私たちも御霊の中を歩きましょう」と言っています。

ですから、私たちが自分たちの役割について話し始めると、 私たちの服従; いわば、私たちの「やること」リストは、私たちが学んだことをすべて覚えています。 彼の霊なしでは私たちは何もできませんが、彼の霊によって私たちが従うように彼は私たちを強めます。 そして、キリストが聖なるように私たちを聖なるものにするために私たちを変えるのは神であるということです。 従うことでさえ、それはまだ神のすべてです–神は私たちの中で働いています。 それはすべて彼への信仰です。 私たちの記憶の詩、ガラテヤ2:20を思い出してください。 それは「私ではなく、キリスト…私は神の子への信仰によって生きている」です。 ガラテヤ5:16は、「御霊の中を歩けば、肉の欲望を満たせなくなる」と言っています。

ですから、まだやるべきことがあることがわかります。 ですから、いつ、どのように私たちは神の力を適切に利用し、利用し、つかむのでしょうか。 それは私たちの信仰の従順の歩みに比例すると私は信じています。 私たちが座って何もしなければ、何も起こりません。 ジェームズ1:22-25を読んでください。 私たちが彼の言葉(彼の指示)を無視し、従わない場合、成長や変化は起こりません。 。 テサロニケ4:7&8は、「その結果、これを拒絶する者は人を拒絶するのではなく、聖霊をあなたに与える神である」と言っていることを覚えておいてください。

第3部では、彼の力で私たちが「できる」(つまり、実行者になる)ことができる実践的なことを示します。 あなたは従順な信仰のこれらのステップを踏まなければなりません。 それをポジティブアクションと呼んでください。

私たちのパート(パート3)

私たちは神が私たちを彼の御子のイメージに合わせたいと望んでおられることを確立しました。 神様は私たちにもやらなければならないことがあるとおっしゃっています。 私たちの従順が必要です。

私たちが即座に私たちを変えることができる「魔法の」経験はありません。 私たちが言ったように、それはプロセスです。 ローマ人への手紙第1章17節は、神の義は信仰から信仰へと明らかにされると言っています。 2コリント3:18は、それが栄光から栄光へとキリストの像に変えられていると説明しています。 2ペテロ1:3-8は、キリストのような美徳を別の美徳に加えると言っています。 ヨハネによる福音書第1章16節は、それを「恵みによる恵み」と表現しています。

私たちは、自己努力や法を守ろうとすることによってそれを行うことはできないが、私たちを変えるのは神であるということを見てきました。 それは私たちが新たに生まれ、神によって完成されたときに始まります。 神は私たちの日々の進歩のための備えと力の両方を与えてくださいます。 私たちはローマ人への手紙第6章で、私たちがキリストの中にあり、彼の死、埋葬、そして復活の中にいることを見てきました。 5節は、罪の力が無力にされたと言っています。 私たちは罪のために死んでおり、それが私たちを支配することはありません。

神も私たちの中に住むようになったので、私たちは神の力を持っているので、神を喜ばせる方法で生きることができます。 神ご自身が私たちを変えることを学びました。 彼は救いで私たちのもとに始めた業を完了すると約束します。

これらはすべて事実です。 ローマ人への手紙6は、これらの事実を考慮して、私たちはそれらに基づいて行動し始めなければならないと言っています。 これを行うには信仰が必要です。 ここから、信仰または従順を信頼する旅が始まります。 最初の「従う命令」はまさにそれ、信仰です。 「罪のために死んでいると自分自身を考えなさい、しかし私たちの主キリスト・イエスにおいて神に生きている」と書かれています。レコンはそれを頼りにし、それを信頼し、それが真実であると考えることを意味します。 これは信仰の行為であり、「譲る、許さない、提示する」などの他の命令が続きます。 信仰は、キリストの中で死ぬことの意味の力と、私たちの中で働くという神の約束を頼りにしています。

神が私たちがこれらすべてを完全に理解することを期待せず、それに「行動する」ことだけを期待していることを嬉しく思います。 信仰とは、神の備えと力を流用したり、接続したり、つかんだりする手段です。

私たちの勝利は、自分自身を変える力によっては達成されませんが、それは私たちの「忠実な」従順に比例するかもしれません。 私たちが「行動する」とき、神は私たちを変え、私たちができないことを私たちができるようにします。 たとえば、欲求や態度の変化。 または罪深い習慣を変える。 「人生の新しさの中を歩く」力を私たちに与えてくれます。 (ローマ6:4)彼は私たちに勝利の目標を達成するための「力」を与えてくれます。 これらの聖句を読んでください:ピリピ3:9-13; ガラテヤ2:20-3:3; Iテサロニケ4:3; ペトロの手紙一2:24; コリント人への第一の手紙1:30; 私はペテロ1:2; コロサイ3:1-4&3:11&12&1:17; ローマ13:14とエペソ4:15。

次の節は、信仰を私たちの行動と聖化に結びつけています。 コロサイ2:6はこう言っています。「それゆえ、あなたがたはキリスト・イエスを受け入れたので、あなたがたは彼の中を歩きなさい。 (私たちは信仰によって救われるので、信仰によって聖化されます。)このプロセス(散歩)のそれ以降のすべてのステップは、信仰によってのみ達成または達成することができます。 ローマ人への手紙第1章17節は、「神の義は信仰から信仰へと明らかにされる」と述べています。 (それは一度に一歩を意味します。)「歩く」という言葉は私たちの経験でよく使われます。 ローマ人への手紙第1章17節はまた、「正義は信仰によって生きる」と言っています。 これは、私たちの日常生活について、救いの始まりと同じくらい、あるいはそれ以上に語っています。

ガラテヤ人への手紙第2章20節は、「私はキリストと共に十字架につけられていますが、私は生きていますが、私ではなくキリストが私に住んでいます。私は今、肉に住んでいます。私のために。"

ローマ人への手紙第6節は、12節で「それゆえ」、または「キリストにおいて死んでいる」と自分自身を考えているために、次の命令に従うべきだと言っています。 私たちは今、私たちが生きている限り、または彼が戻るまで、毎日そして刻々に従う選択肢があります。

それは譲歩するという選択から始まります。 ローマ人への手紙第6章12節で、欽定訳聖書は、「会員を不義の道具として譲るのではなく、自分を神に譲る」と言っているときに、この言葉を「譲る」としています。 譲歩はあなたの人生の支配を神に委ねる選択だと私は信じています。 他の翻訳では、「プレゼント」または「オファー」という言葉を使用しています。 これは、神に私たちの生活を支配させ、神に身を捧げることを選択する選択です。 私たちは彼に自分自身を提示(献身)します。 (ローマ12:1&2)降伏のしるしのように、あなたはその交差点の支配権を別の交差点に与え、私たちは神に支配権を譲ります。 降伏とは、彼が私たちの中で働くことを可能にすることを意味します。 彼の助けを求めるために; 私たちではなく、彼の意志に屈すること。 聖霊に私たちの生活の支配と譲歩を与えることは私たちの選択です。 これはXNUMX回限りの決定ではなく、継続的、毎日、そして刻々と行われます。

これはエペソ5:18に示されています。「ぶどう酒に酔ってはいけません。 ここで、は過剰である。 しかし、聖霊に満たされなさい。:それは意図的な対比です。 人が酔っているとき、彼は(それの影響下で)アルコールによって制御されていると言われています。 対照的に、私たちは御霊に満たされるように言われています。

私たちは自発的に御霊の支配と影響下に置かれるべきです。 ギリシャ語の動詞の時制を翻訳する最も正確な方法は、「あなたがたは御霊に満たされている」ということです。これは、聖霊の支配に対する私たちの支配の継続的な放棄を意味します。

ローマ人への手紙第6章11節は、あなたの体の構成員を罪ではなく神に差し出すと言っています。 15節と16節は、罪の奴隷としてではなく、神の奴隷として自分自身を提示すべきだと言っています。 旧約聖書には、奴隷が自分を主人の奴隷にすることができるという手順があります。 それは自発的な行為でした。 私たちはこれを神にすべきです。 ローマ人への手紙第12章1&2節はこう述べています。「ですから、兄弟たち、神の憐れみによって、あなたの体に、神に受け入れられる生きた聖なる犠牲を捧げることをお勧めします。それはあなたの霊的な礼拝です。 そして、この世界に順応するのではなく、心を新たにすることによって変容します。」これも自発的なもののようです。

旧約聖書では、人々と物事は、特別な犠牲と神にそれらを提示する儀式によって、神殿での神の奉仕のために神のために捧げられ、分けられました。 私たちの儀式は個人的なものかもしれませんが、キリストの犠牲はすでに私たちの贈り物を聖別しています。 (歴代第二2:29‐5)では、私たちが神に自分自身を一度だけ、また毎日提示してはなりません。 私たちはいつでも罪を犯してはなりません。 私たちは聖霊の力によってのみこれを行うことができます。 元素神学のバンクロフトは、旧約聖書で物事が神に奉献されたとき、神はしばしば供え物を受け取るために火を放ったことを示唆しています。 おそらく、私たちの現在の奉献(生けるいけにえとして神への贈り物として自分自身を与えること)において、私たちに罪に対する力を与え、神のために生きるために、霊が私たちの中で特別な方法で働くようになるでしょう。 (火はしばしば聖霊の力に関連する言葉です。)使徒18:1-1と8:2-1を参照してください。

私たちは神に身を捧げ続け、毎日神に従い、明らかにされたそれぞれの失敗を神の意志に一致させなければなりません。 これが私たちが成熟する方法です。 神が私たちの生活に何を望んでおられるかを理解し、私たちの失敗を見るためには、聖書を探さなければなりません。 光という言葉は、聖書を説明するためによく使われます。 聖書は多くのことをすることができます、そして一つは私たちの道を照らし、罪を明らかにすることです。 詩篇119:105は、「あなたの言葉は私の足へのランプであり、私の道への光です」と述べています。 神の言葉を読むことは、私たちの「やること」リストの一部です。

神の言葉は、神が私たちの聖性への旅において私たちに与えてくださった最も重要なことでしょう。 2ペテロ1:2&3は、「彼の力が私たちに栄光と美徳を呼びかけた彼の真の知識を通して、生命と敬虔さに関係するすべてのものを私たちに与えたように」と述べています。 私たちに必要なものはすべてイエスの知識を通してであり、そのような知識を見つける唯一の場所は神の言葉にあると書かれています。

2コリント3:18は、次のように言ってこれをさらに進めています。「私たちは皆、鏡のように、主の栄光が、主からのように、栄光から栄光へと同じ像に変えられているのを見て、明らかにされた顔をしています。 、 精神。" ここでそれは私たちに何かをすることを与えます。 私たちが神を見ているなら、神の霊による神は私たちを変え、一歩ずつ私たちを変えてくださいます。 ジェームズは聖書を鏡と呼んでいます。 ですから、私たちができる唯一の明白な場所である聖書で彼を見る必要があります。 「聖書の偉大な教義」のウィリアム・エヴァンスは、この節について66ページで次のように述べています。「ここでは時制が興味深いです。私たちはある程度の性格や栄光から別の程度に変化しています。」

賛美歌「聖なる時間をとる」の作者は、次のように書いたときにこれを理解していたに違いありません。n「イエスに目を向けることによって、あなたがそうであるように、あなたの行いの友たち、彼の似姿が見えるでしょう。」

 

もちろん、これに対する結論は、「私たちが彼のように見えるとき、私たちは彼のようになる」というヨハネによる福音書第3章2節です。 神がこれをどのように行われるかはわかりませんが、神の言葉を読んで研究することによって従うならば、神は彼の働きを変え、変え、完成させ、そして終えるという彼の役割を果たします。 2テモテ2:15(KJV)は、「真理の言葉を正しく分けて、自分が神に承認されたことを示すための研究」と述べています。 NIVは「真実の言葉を正しく扱う人」であると言っています。

私たちが誰かと時間を過ごすとき、私たちは彼らのように「見え」始めるとよく冗談めかして言われますが、それはしばしば真実です。 私たちは、一緒に時間を過ごし、彼らのように行動し、話す人々を模倣する傾向があります。 たとえば、アクセントを模倣したり(国の新しい地域に移動した場合のように)、手のジェスチャーやその他のマニエリスムを模倣したりできます。 エペソ5:1は、「あなたがたはまねをする人、または愛する子供としてのキリストになりなさい」と言っています。 子供たちは模倣したり模倣したりするのが大好きなので、私たちはキリストを模倣する必要があります。 私たちは彼と一緒に時間を過ごすことによってこれを行うことを忘れないでください。 次に、彼の人生、性格、価値観をコピーします。 彼の態度と特質。

ヨハネ15章は別の方法でキリストとの時間を過ごすことについて話します。 それは私達が彼にとどまるべきだと言っています。 従うことの一部は、聖書を研究することに時間を費やすことです。 ヨハネ15:1-7を読んでください。 ここに「あなたがわたしにとどまり、わたしの言葉があなたにとどまるならば」と書かれています。 これら15つのことは切り離せません。 それは単なる大雑把な読書以上のものを意味し、それはそれを読み、考え、そしてそれを実践することを意味します。 逆もまた真であるということは、「悪い会社は良い道徳を損なう」という節から明らかです。 (コリント第一33:XNUMX)ですから、どこで誰と時間を過ごすかを慎重に選んでください。

コロサイ3:10は、新しい自己は「その創造主のイメージで知識を新たにすること」であると述べています。 ヨハネ17:17は、「真理によって彼らを聖別しなさい。 あなたの言葉は真実です。」 ここに、私たちの聖化におけるみことばの絶対的な必要性が表現されています。 みことばは、欠陥がどこにあり、どこを変える必要があるかを(鏡のように)具体的に示しています。 イエスはまた、ヨハネによる福音書第8章32節で、「そうすれば、あなたは真理を知り、真理はあなたを解放するでしょう」と言われました。 ローマ人への手紙第7章13節は、「しかし、罪が罪として認識されるために、それは良いことによって私に死をもたらし、戒めによって罪は完全に罪深いものになる」と述べています。 私たちは、みことばを通して神が何を望んでおられるかを知っています。 ですから、私たちはそれで心を満たさなければなりません。 ローマ人への手紙第12章2節は、「あなたの心を新たにすることによって変容する」ことを私たちに懇願しています。 私たちは世界の道を考えることから神の道を考えることへと変わる必要があります。 エペソ4:22は「あなたの心の精神で新たにされる」と言っています。 フィリピの信徒への手紙第2章5節「この心を、キリスト・イエスにもあったあなたの中にあるように」。 聖書はキリストの心が何であるかを明らかにしています。 みことばで自分自身を飽和させる以外に、これらのことを学ぶ方法はありません。

コロサイ3:16は、「キリストのことばをあなたの内に豊かに住まわせなさい」と言っています。 コロサイ3:2は、「地球のものではなく、上のものに心を向ける」と言っています。 これは単に彼らについて考えるだけでなく、神の願いを私たちの心と思いに入れるように神に求めることでもあります。 2コリント10:5は私たちに警告し、「想像力と、神の知識に逆らって自分自身を高めるすべての高いものを捨て、キリストの従順へのすべての考えを捕らえます」と言っています。

聖書は、父なる神、霊の神、子なる神について知る必要のあるすべてのことを教えています。 「私たちを呼んだ神の知識を通して、私たちが人生と敬虔さのために必要なすべて」を私たちに告げていることを忘れないでください。 2ペテロ1:3神は私たちにペトロ2:2で、みことばを学ぶことによってクリスチャンとして成長することを告げています。 「生まれたばかりの赤ちゃんとして、それによって成長するかもしれない言葉の誠実な乳を望んでいます」と書かれています。 NIVはそれをこのように翻訳し、「あなたはあなたの救いの中で成長するかもしれません」。 それは私たちの精神的な食べ物です。 エペソ4:14は、神は私たちが赤ちゃんではなく成熟することを望んでおられることを示しています。 コリント人への第一の手紙第13章10-12節は、幼稚なものを片付けることについて語っています。 エペソ4:15で、彼は私たちに「彼の中にあるすべてのもので成長する」ことを望んでいます。

聖書は強力です。 ヘブライ4:12は、次のように語っています。「神の言葉は生きていて、両刃の剣よりも力強く鋭く、魂と霊、関節と骨髄の分裂にも突き刺さり、考えと意図を識別します。心の。」 神はまた、イザヤ55:11で、神の言葉が話されたり書かれたり、あるいは何らかの形で世に送り出されたりすると、意図された仕事を成し遂げると言われています。 voidは返されません。 私たちが見てきたように、それは罪を悟らせ、キリストの人々を納得させるでしょう。 それは彼らにキリストの救いの知識をもたらすでしょう。

ローマ人への手紙第1章16節は、福音は「信じるすべての人の救いのための神の力」であると言っています。 コリントの信徒は、「十字架のメッセージは…救われている私たちに…神の力です」と言います。 ほぼ同じように、それは信者を有罪とし、説得することができます。

2コリント3:18とヤコブ1:22-25が神の言葉を鏡と呼んでいるのを見てきました。 私たちは自分たちがどのようなものかを見るために鏡を調べます。 私はかつて、「神の鏡で自分を見る」というタイトルの休暇聖書学校のコースを教えました。 私はまた、みことばを「私たちの生活を映して見る」と表現する合唱を知っています。 どちらも同じ考えを表しています。 みことばを調べ、それを読み、勉強するとき、私たちは自分自身を見ます。 それはしばしば私たちの人生の罪や私たちが不足している何らかの方法を示します。 ジェームズは、私たちが自分自身を見たときにすべきでないことを教えてくれます。 「誰もが実行者でない場合、彼は鏡で彼の自然な顔を観察する人のようです。彼は彼の顔を観察し、立ち去り、すぐに彼がどんな人であったかを忘れます。」 これに似ているのは、神の言葉が軽いと言うときです。 (ヨハネ3:19-21と私ヨハネ1:1-10を読んでください。)ヨハネは、神の言葉に照らして明らかにされた自分自身を見ながら、光の中を歩くべきだと言います。 それは、光が罪を明らかにするとき、私たちは自分の罪を告白する必要があることを私たちに告げています。 それは、私たちがしたことを認めるか認め、それが罪であることを認めることを意味します。 それは、神からの赦しを得るために懇願したり、懇願したり、善行をしたりすることを意味するのではなく、単に神に同意し、私たちの罪を認めることを意味します。

ここには本当に良いニュースがあります。 9節で神は、私たちが自分の罪を告白するなら、「彼は忠実であり、私たちの罪を赦すだけです」と言っていますが、それだけでなく「すべての不義から私たちを清めるため」です。 これは、私たちが意識も意識もしていない罪から私たちを清めることを意味します。 私たちが失敗し、再び罪を犯した場合、私たちは勝利し、もはや誘惑されなくなるまで、必要に応じて何度もそれを再び告白する必要があります。

しかし、その箇所はまた、私たちが告白しなければ、父との交わりは壊れ、私たちは失敗し続けるだろうと私たちに告げています。 私たちが従うなら、彼は私たちを変えるでしょう、私たちが従わないなら、私たちは変わらないでしょう。 私の意見では、これは聖化における最も重要なステップです。 エペソ4:22のように、聖書が罪を延期または脇に置くと言っているとき、これが私たちがしていることだと思います。 元素神学のバンクロフトは、コリント第二2:3について、「私たちはある程度の性格や栄光から別の程度に変化している」と述べています。 そのプロセスの一部は、神の鏡で自分自身を見ることであり、私たちは自分が見た欠点を告白しなければなりません。 私たちの悪い習慣を止めるには、私たちの側でいくらかの努力が必要です。 変化する力はイエス・キリストを通してもたらされます。 私たちは彼を信頼し、私たちができない部分を彼に求めなければなりません。

ヘブライ12:1&2は、「私たちを簡単に捕らえる罪を脇に置いておくべきだ」と言っています。私たちの信仰の著者であり完成者であるイエスに目を向けています。」 これは、パウロがローマ6:12で私たちに罪を治めさせないように言ったときの意味であり、ローマ8:1-15で聖霊に彼の働きをさせることについて彼が意味したことだと思います。 御霊の中を歩くか、光の中を歩く。 または、神が私たちの従順と御霊を通して神の働きを信頼することの間の協力的な働きを説明する他の方法のいずれか。 詩篇119:11は、聖書を暗記するようにと私たちに告げています。 「あなたに対して罪を犯さないように、あなたの言葉を心に隠しました」と書かれています。 ヨハネ15:3は、「わたしがあなたに語った言葉のおかげで、あなたはすでに清い」と言っています。 神の言葉は私たちに罪を犯さないように思い出させ、私たちが罪を犯したときに私たちを有罪にします。

私たちを助けるために他の多くの節があります。 タイタス2:11-14は次のように言っています:1.不信心を否定する。 2.この現代に敬虔に生きる。 3.彼はすべての不法行為から私たちを贖います。 4.彼は彼自身の特別な人々のために自分を浄化します。

コリント人への第一の手紙第2章7章は、自分を清めると言っています。 エペソ人への手紙1:4-17とコロサイ人への手紙32:3-5には、私たちがやめなければならない罪がいくつかリストされています。 それは非常に具体的になります。 ポジティブな部分(私たちの行動)は、ガラテヤ人への手紙10:5にあり、それは私たちに御霊の中を歩くように告げています。 エペソ人への手紙第16章4節は、新しい人を着ることを私たちに告げています。

私たちの部分は、光の中を歩くことと、霊の中を歩くことの両方として説明されています。 四福音書と書簡の両方が私たちがしなければならない前向きな行動でいっぱいです。 これらは、「愛」、「祈る」、「励ます」など、私たちに命じられている行動です。

私が今まで聞いた中でおそらく最高の説教で、話者は愛はあなたがすることだと言いました。 あなたが感じるものとは対照的に。 イエスはマタイ5:44で、「あなたの敵を愛し、あなたを迫害する人々のために祈ってください」と言われました。 そのような行動は、神が私たちに「霊の中を歩む」ように命じられ、神が私たちに命じられたことを行うと同時に、怒りや恨みなどの内面的な態度を変えることを神に信頼するときの神の意味を説明していると思います。

神様が命じられた前向きな行動をとることに専念すれば、トラブルに巻き込まれる時間がはるかに少なくなると思います。 それは私たちの気持ちにも良い影響を及ぼします。 ガラテヤ5:16が言うように、「御霊によって歩みなさい。そうすれば、あなたは肉の欲望を実行しません」。 ローマ人への手紙第13章14節は、「主イエス・キリストを身に着け、その欲望を満たすために肉を用意しない」と述べています。

考慮すべきもう一つの側面:私たちが罪の道を歩み続けるならば、神は彼の子供たちを懲らしめ、正すでしょう。 私たちが自分の罪を告白しなければ、その道はこの人生の破壊につながります。 ヘブライ人12:10は、「私たちの利益のために、私たちが法王の参加者となるために」私たちを懲らしめると言っています。 11節は「その後、それによって訓練された人々に義の平和な実をもたらす」と述べています。 ヘブライ12:5-13を読んでください。 6節は「主が愛する者のために彼は懲らしめられる」と述べています。 ヘブライ10:30は、「主はご自分の民を裁かれる」と言っています。 ヨハネ15:1-5は、ブドウの木がより多くの実を結ぶように、ブドウの木を剪定すると述べています。

このような状況に陥った場合は、ヨハネの手紙第1章9節に戻って、必要なだけ罪を認めて告白し、やり直してください。 ペトロの手紙一5:10は、「神様…しばらく苦しんだ後、あなたを完璧にし、確立し、強め、そして落ち着かせてくださいますように」と言っています。 規律は私たちに忍耐力と不動を教えてくれます。 ただし、自白は結果を取り除くことはできないことを忘れないでください。 コロサイ3:25は、「間違ったことをした人は、自分がしたことに対して返済され、公平性はありません」と述べています。 コリント人への第一の手紙第11章31節は、「しかし、私たちが自分自身を裁いたなら、私たちは裁きを受けることはないでしょう」と言っています。 32節は、「私たちが主によって裁かれるとき、私たちは懲らしめられている」と付け加えています。

キリストのようになるこのプロセスは、私たちが地上の体に住んでいる限り続きます。 パウロはフィリピ3:12-15で、まだ達成しておらず、完璧でもなかったと述べていますが、目標を押し進めて追求し続けます。 2ペテロ3:14と18は、「私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識で成長する」ために、「スポットや非難のない、平和に彼によって見つけられるように勤勉でなければならない」と述べています。

Iテサロニケ4:1、9&10は、他の人への愛を「ますます多く」そして「ますます増やす」ように私たちに告げています。 別の翻訳では、「さらに優れている」と書かれています。 2ペテロ1:1-8は、ある美徳を別の美徳に加えるように私たちに告げています。 ヘブライ12:1&2は、忍耐強くレースを行うべきだと言っています。 ヘブライ10:19-25は、私たちが継続し、決してあきらめないことを奨励しています。 コロサイ3:1-3は、「上記のことに心を向ける」と言っています。 これは、それをそこに置き、そこに保持することを意味します。

私たちが従うときにこれをしているのは神であることを忘れないでください。 フィリピ1:6は、「このことを確信しているので、良い働きを始めた方は、キリスト・イエスの日までそれを行います」と述べています。 エレメンタル神学のバンクロフトは223ページで述べています。「聖化は信者の救いの始まりから始まり、地上での彼の人生と同じ広がりを持ち、キリストが戻ったときにそのクライマックスと完璧に達するでしょう。」 エペソ4:11-16は、地元の信者グループの一員になることで、この目標を達成するのにも役立つと言っています。 「私たち全員が…完璧な人に…成長して彼に成長するまで」、そして「各部分がその働きをするにつれて、体は成長し、愛の中で成長します」。

テトス2:11&12「救いをもたらす神の恵みがすべての人に現れ、不敬虔さと世俗的な欲望を否定し、現代において私たちは冷静に、義にかなって、敬虔に生きるべきだと教えてくれました。」 Iテサロニケ5:22-24「今、平和の神ご自身があなたを完全に聖別しますように。 そして、私たちの主イエス・キリストの到来において、あなたの精神、魂、体全体が非難されないように保たれますように。 あなたを呼ぶ彼は忠実であり、誰もそれをするでしょう。」

話す必要がありますか? 質問がありますか?

あなたが霊的ガイダンスのために、またはフォローアップケアのために私達に連絡したいと思うならば、私達にに自由に書いてください。 photosforsouls@yahoo.com.

私たちはあなたの祈りに感謝し、永遠にあなたに会えるのを楽しみにしています!

 

「神との平和」はこちら