天国 - 私たちの永遠の家

 

AfrikaansShqipአማርኛالعربيةՀայերենAzərbaycan diliEuskaraБеларуская моваবাংলাBosanskiБългарскиCatalàCebuanoChichewa简体中文繁體中文CorsuHrvatskiČeština‎DanskNederlandsEnglishEsperantoEestiFilipinoSuomiFrançaisFryskGalegoქართულიDeutschΕλληνικάગુજરાતીKreyol ayisyenHarshen HausaŌlelo Hawaiʻiעִבְרִיתहिन्दीHmongMagyarÍslenskaIgboBahasa IndonesiaGaeligeItaliano日本語Basa Jawaಕನ್ನಡҚазақ тіліភាសាខ្មែរ한국어كوردی‎КыргызчаພາສາລາວLatinLatviešu valodaLietuvių kalbaLëtzebuergeschМакедонски јазикMalagasyBahasa MelayuമലയാളംMalteseTe Reo MāoriमराठीМонголဗမာစာनेपालीNorsk bokmålپښتوفارسیPolskiPortuguêsਪੰਜਾਬੀRomânăРусскийSamoanGàidhligСрпски језикSesothoShonaسنڌيසිංහලSlovenčinaSlovenščinaAfsoomaaliEspañolBasa SundaKiswahiliSvenskaТоҷикӣதமிழ்తెలుగుไทยTürkçeУкраїнськаاردوO‘zbekchaTiếng ViệtCymraegisiXhosaיידישYorùbáZulu

その心痛、失望、苦しみと共にこの堕落した世界に住む、私たちは天国を切望します! 私たちの精神が私たちの永遠の家に曲げられたとき私たちの目は上向きになります。

主は私たちの想像を超えて、新しい地球がはるかに美しくなるように計画されました。 「神が彼らのために用意されたものである、目も耳も、人の心には入らなかった。」

「荒野と孤独な場所は彼らにとって喜ばれるでしょう。 そして砂漠はバラのように喜び、花を咲かせるであろう。 それは豊かに開花し、喜びと歌で喜びます…〜イザヤ35:1-2

「それから盲人の目が開かれ、聴覚障害者の耳が止まらない。 それから、足の不自由な人はハートのように跳ね上がり、愚かな者の舌が歌う。荒野では水が出て、砂漠に流れ込むからである。」 〜イザヤ35:5-6

「そして主の身代金は戻ってきて、歌と永遠の喜びを頭に抱いてシオンに来る。彼らは喜びと喜びを得て、悲しみとため息は逃げ去るであろう。」 〜イザヤ35:10

私たちは主の前で何と言いますか。 ああ、私たちが彼の釘を見たときに流れる涙は、手足を傷つけました! 私たちが救い主を向かい合わせに見たとき、人生の不確実性が私たちに知らされるでしょう。

何よりも私たちは彼に会うでしょう! 私たちは彼の栄光を見よう! 彼は私たちを栄光の中で私たちの家に歓迎するので、彼は純粋な輝きの中で太陽のように輝きます。

私たちはより良い場所に連れて行かれ、彼の花嫁になるでしょう。 私たちの関係は、私たちが栄光の中で一緒になるとき、彼の唇から流れるすべての言葉を聞いて、純粋で健康的になるでしょう。

「私たちは自信を持っていると私は言います、そしてむしろ体から離れて、主と共に存在することをいとわないのです。」 〜2コリント5:8

「そして私はジョンが、神から天から降りてきた聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁として準備されているのを見ました。 〜黙示録21:2

…「そして彼は彼らと一緒に住むでしょう、そして彼らは彼の民となり、神ご自身が彼らと共にあり、彼らの神となるでしょう。」 〜黙示録21:3b

「そして彼らは彼の顔を見るでしょう…」「…そして彼らは永遠に君臨するでしょう。」 〜黙示録22:4a&5b

「そして神は彼らの目からすべての涙をぬぐい去られるでしょう。 そして、これ以上の死も、悲しみも、泣きも、これ以上の痛みもありません。前者の事柄は死んでしまうからです。」 〜黙示録21:4

親愛なる魂、

もしあなたが今日死ぬなら、あなたは天国の主の前にいるという確信がありますか? 信者にとっての死は、永遠の命への入り口にすぎません。

イエスの中で眠りにつく人々は、天国で彼らの愛する人と再会するでしょう。 あなたが涙を流して墓に置いた人々、あなたは喜びをもって彼らに再び会うでしょう! ああ、彼らの笑顔を見て、彼らの感触を感じるために…二度と別れることはありません!

しかし、あなたが主を信じないなら、あなたは地獄に行くでしょう。 それを言う楽しい方法はありません。

聖書はこう述べています。「すべての人が罪を犯し、神の栄光の恐怖。」 〜ローマ3:23

「もしあなたがあなたの口で主イエスを告白し、神が死から復活させられたことをあなたの心に信じなければならないならば、あなたは救われるべきです。」〜ローマ人10:9

あなたが天国の場所にいると確信するまで、イエスがいなくても眠らないでください。

今夜、あなたが永遠の命の賜物を受けたいのなら、まずあなたは主を信じなければなりません。 あなたは自分の罪を赦し、あなたの信頼を主に委ねるよう求めなければなりません。 主を信じる者となるために、永遠のいのちを求めなさい。 天国への道は一つしかありません。それは主イエスを通してです。 それが神のすばらしい救いの計画です。

次のような祈りを心から祈ることによって、彼との個人的な関係を始めることができます。

「ああ、神よ、私は罪人です。 私は私の人生のずっと罪人でした。 許してください、主よ。 私は私の救い主としてイエスを受け入れます。 私は彼を私の主として信頼します。 私を救ってくれてありがとう。 イエスの名において、アーメン。」

あなたが個人的な救い主として主イエスを受け取ったことが一度もないが、この招待を読んだ後に今日彼を受け取ったことがあるならば、私たちに知らせてください。 私たちはあなたから話を聞くのが大好きです。 あなたの名前は十分です。

今日、私は神と平和を作りました…

神との新しい生活を始めるには…

下の「GodLife」をクリック

弟子

天国の私たちの愛する人たちは私の人生で何が起こっているのか知っていますか?
イエスはヨハネ14:6の聖書(聖書)で、彼は天国への道であると教えてくださいました。 彼は言った、「私は道であり、真実であり、人生です。私を通して以外、だれも父のもとに来ることはありません。」 聖書は、イエスが私たちの罪のために死んだことを教えています。 それは私たちが永遠の命を持つために彼を信じなければならないことを教えています。

ペトロの手紙一2:24は、「自分の罪を木の上で自分の体に負わせたのは誰か」と言い、ヨハネ3:14-18(NASB)は、「モーセが荒野で蛇を持ち上げたように、息子もそうしなければなりません。人間のを持ち上げて(14節)、彼を信じる者は誰でも永遠の命を得ることができます(15節)。

神がこの世をとても愛されたので、彼は彼の唯一の先祖の息子を与えられました。彼を信じる者は誰も滅びるべきではなく、永遠の命を持つべきです(詩16)。

なぜなら、神はこの世を裁く(非難する)ために御子を世に送り込んだのではありません。 しかし、世界は彼を通して救われるべきです(17)。

彼を信じる者は裁かれません。 信じない者は、独り子である神の子を信じていないので、すでに裁かれています(18節)。」

36節「御子を信じる者には永遠のいのちがあります…」も参照してください。

これは私たちの恵みの約束です。

ローマ人への手紙第10章9〜13節は、「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」と言って終わります。

使徒16:30&31は、「それから彼は彼らを連れ出し、 『サー、救われるために私は何をしなければならないのか』と尋ねました。

かれらは言った。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたとあなたの家族は救われるでしょう。」

あなたの愛する人が彼または彼女が天国にいると信じているならば。

私たちがイエスと一緒にいることを除いて、主が戻る前に天国で何が起こるかについて語っている聖書はほとんどありません。

イエスはルカ23:43で十字架上の泥棒に、「今日、あなたは私と一緒に楽園にいるでしょう」と言われました。

聖書はコリント第二2:5で、「私たちが体から離れているなら、私たちは主と共にいる」と言っています。

私が見る唯一の手がかりは、天国にいる私たちの愛する人たちが私たちを見ることができることを示しているのは、ヘブライ語とルーク語であることを示しています。

一つ目はヘブライ12:1で、「それゆえ、私たちには非常に大きな証人の雲があるので」(著者は私たちの前で死んだ人々、過去の信者について語っています)「私たちを取り巻くすべての邪魔と罪を脇に置きましょうそれはとても簡単に私たちを巻き込み、私たちの前に設定されているレースに耐えて走らせてくれます。」 これは、彼らが私たちを見ることができることを示しています。 彼らは私たちがしていることを目撃します。

2番目はルーク16にあります:19-31、金持ちとラザロのアカウント。

彼らはお互いを見ることができ、金持ちは地球上の彼の親戚に気づいていました。 (全文を読んでください。)この箇所はまた、「死者の中から一人を彼らに話しかける」という神の応答を示しています。

神は私達が媒体に行くかまたはséancesに行くことのように死者に連絡することを試みることを厳しく禁じます。
そのようなことから離れて、聖書の中で私たちに与えられた神の言葉を信頼するべきです。

申命記18章9〜12節は、次のように述べています。「あなたがあなたの神、主があなたに与えてくださる地に入るとき、そこにある国々の忌まわしい道をまねることを学ばないでください。

息子や娘を火の中に生け贄に捧げる人、占いや魔術を習う人、予言を解釈する人、魔術に従事する人、呪文を唱える人、ミディアムまたはスピリスト、あるいは死者の意見を聞いた者は誰もいないでしょう。

これらのことをする者はだれでも主に忌み嫌われ、これらの忌まわしい慣行のために、あなたの神、主はあなたの前にこれらの国々を追い出されるであろう。」

聖書全体は、イエスについて、私たちのために死ぬために来られたことについてのものです。ですから、私たちは彼を信じることによって罪を赦し、永遠の命を得ることができるでしょう。

使徒行伝第10章48節は、「すべての預言者は、彼の名によって、彼を信じるすべての人が罪の赦しを受けたことを証ししています」と述べています。

使徒13:38は、「それゆえ、私の兄弟たち、イエスを通して罪の赦しがあなたに宣べ伝えられていることを知ってほしい」と言っています。

コロサイ1:14は、「彼は私たちを闇の領域から救い出し、私たちを彼の愛する息子の王国に移しました。私たちが贖い、罪の赦しを持っているからです。」

ヘブライ人への手紙第9章を読んでください。22節は「血を流さなければ許しはありません」と述べています。

ローマ人への手紙第4章5-8節には、「信じる者、その信仰は義とみなされる」と書かれており、7節には、「不法な行いが許され、罪が覆われた者は幸いです」と書かれています。

ローマ人への手紙第10章13節と14節はこう述べています。「主の御名を呼び求める者はだれでも救われるでしょう。

彼らはどのように彼らが信じなかった者に彼を呼び求めるのでしょうか?」

ヨハネによる福音書第10章28節で、イエスは彼の信者について、「そして私は彼らに永遠の命を与え、彼らは決して滅びることはない」と述べています。

私はあなたが信じたことを願っています。

話す必要がありますか? 質問がありますか?

あなたが霊的ガイダンスのために、またはフォローアップケアのために私達に連絡したいと思うならば、私達にに自由に書いてください。 photosforsouls@yahoo.com.

私たちはあなたの祈りに感謝し、永遠にあなたに会えるのを楽しみにしています!

 

「神との平和」はこちら