天からの手紙

 

AfrikaansShqipአማርኛالعربيةՀայերենAzərbaycan diliEuskaraБеларуская моваবাংলাBosanskiБългарскиCatalàCebuanoChichewa简体中文繁體中文CorsuHrvatskiČeština‎DanskNederlandsEnglishEsperantoEestiFilipinoSuomiFrançaisFryskGalegoქართულიDeutschΕλληνικάગુજરાતીKreyol ayisyenHarshen HausaŌlelo Hawaiʻiעִבְרִיתहिन्दीHmongMagyarÍslenskaIgboBahasa IndonesiaGaeligeItaliano日本語Basa Jawaಕನ್ನಡҚазақ тіліភាសាខ្មែរ한국어كوردی‎КыргызчаພາສາລາວLatinLatviešu valodaLietuvių kalbaLëtzebuergeschМакедонски јазикMalagasyBahasa MelayuമലയാളംMalteseTe Reo MāoriमराठीМонголဗမာစာनेपालीNorsk bokmålپښتوفارسیPolskiPortuguêsਪੰਜਾਬੀRomânăРусскийSamoanGàidhligСрпски језикSesothoShonaسنڌيසිංහලSlovenčinaSlovenščinaAfsoomaaliEspañolBasa SundaKiswahiliSvenskaТоҷикӣதமிழ்తెలుగుไทยTürkçeУкраїнськаاردوO‘zbekchaTiếng ViệtCymraegisiXhosaיידישYorùbáZulu

天使たちがやって来て、私を神の臨在に導きました、親愛なるママ。 私が眠りにつくときあなたがしたように彼らは私を運んだ。 私はイエスの腕に目覚めました、 彼に命を与えてくださった方!

ここまではとても美しいです、ママ。 あなたがいつも言っているようにとても美しいです! 純粋な生命の水の川 神の御座から出て行く。

私の愛情に圧倒されました。 イエスが向かい合っているのを見て私の喜びを想像してみてください。 彼の笑顔–とても暖かい… 彼の顔–とても輝いている… 「おかえりなさい、私の子供!」 彼は優しく言った。

ああ、ママ、私を悲しませないで。 走ってジャンプできる 踊って歌う! 夢を見ているように足がとても軽く感じます、ママ! 時々私は天使たちの前で踊っているときに笑います。 死の呪いはその痛みを失いました。

ああ、私のために泣かないでください、ママ。 あなたの涙は夏の雨のように落ちます。 死はその分離と悲しみです。 しばらく泣くが、無駄に泣く人は好きではない。

神は私を早く家に呼んだが、 夢が沢山あり、歌が歌われていない 私はあなたの心の中に、あなたの大切な思い出の中にいます。 私たちが持っていた瞬間はあなたを引き継ぎます。

ママ、就寝時に私があなたのベッドに這い上がるのを覚えてる? あなたは私にイエス様と私達のために持っていた愛の物語を私に伝えます

あなたがろうそくの光で私に読んだとおりに、私はあなたの顔を覗いて言った。 「ママ、天使たちも私を家に連れて帰ってくるの?」 あなたはからかうように笑って、私の髪をしわにした。 「はい、私の小さな天使ですが、あなたは待たなければなりません。 彼をあなたの救い主として信頼しなさい。 そしてあなたのために流された彼の血の中で。」

曲がった膝の上であなたは私のために祈りました、 涙があなたのほおをはねました。 「それは涙のママでしたか?」 そっと聞いてみました。 あなたは私から目をそらした。 優しいため息があなたの唇から逃げ出した… あなたの考えを一緒に集める… 「はい、私の小さな天使は、私の心に涙を流し、私の祈りに水をまきます。」 あなたはそっと言って、おやすみなさい。

私はそれらの夜を覚えている、ママ〜 あなたの大切な物語。 心に抱きしめたママの子守唄。 暗闇の中でパパのドアを閉める 夜に彼の酔いが響いた。 薄い壁を通して、あなたが泣くのが聞こえた。 天使が眠る、ママ。 「ママの世話をして…」私はそっと神に尋ねました、 涙で私の祈りに水をまきます。

その夜あなたが私のために祈ったとき 私は膝をついた。 月明かりが木の床で踊った 私が神に私を救うよう頼んだとき。 最初は何と言ったらいいのかわからなかったのですが、 私はあなたが言ったことを覚えています。 あなたの心から祈ってください。 あなたは優しく出発するためにドアを向けると言いました。

「親愛なるイエス様、私は罪人です。 罪をお詫びします。 彼らがあなたにとても意地悪だったのは残念です 彼らがあなたを木に釘付けにした時。 主イエス様、私の心に入ってください。 そして天使たちが来たら 私をあなたと一緒に天国へ連れて行ってください。 そしてイエス様、ママが泣いているのが聞こえます。 彼女が寝ている間彼女を見なさい。 とても意味があることでパパを許してください、 あなたは私を許したように。 イエスの名において。 アーメン。"

その夜、イエス様は私の人生に入って来ました、親愛なるママ! 暗闇の中で私はあなたの笑顔を感じることができました。 鐘が天国で私のために鳴った! 私の名前は生命の書に書かれています。

だから私のために泣かないでください、親愛なるママ。 あなたのおかげで私はここ天国にいます。 私の兄弟がいるので、イエスは今あなたを必要としています。 あなたがしなければならない地球上の仕事はもっとあります。

仕事が終わったある日、 天使たちがあなたを運ぶために来るでしょう。 安全にイエスの腕の中に あなたを愛し死んだ方。

親愛なる魂、

この少女の保証はありますか、 それは天使たちが来るべきなら、彼らはあなたを栄光に連れて帰るでしょうか? 信者にとっての死は、永遠の命に開かれる入り口にすぎません。

イエスの中で眠りにつく人々は、天国で彼らの愛する人と再会するでしょう。 あなたが涙を流して墓に置いた人々、あなたは喜びをもって彼らに再び会うでしょう! ああ、彼らの笑顔を見て、彼らの感触を感じるために…二度と別れることはありません!

今夜、あなたが永遠の命の賜物を受けたいのなら、まずあなたは主を信じなければなりません。 あなたは自分の罪を赦し、あなたの信頼を主に委ねるよう求めなければなりません。 主を信じる者となるために、永遠のいのちを求めなさい。 天国への道は一つしかありません。それは主イエスを通してです。 それが神のすばらしい救いの計画です。

次のような祈りを心から祈ることによって、彼との個人的な関係を始めることができます。

 「ああ、神よ、私は罪人です。 私は私の人生のずっと罪人でした。 許してください、主よ。 私は私の救い主としてイエスを受け入れます。 私は彼を私の主として信頼します。 私を救ってくれてありがとう。 イエスの名において、アーメン。」

あなたが個人的な救い主として主イエスを受け取ったことが一度もないが、この招待を読んだ後に今日彼を受け取ったことがあるならば、私たちに知らせてください。 私たちはあなたから話を聞くのが大好きです。 あなたの名前は十分です。

今日、私は神と平和を作りました…

神との新しい生活を始めるには…

下の「GodLife」をクリック

弟子

天国の私たちの愛する人たちは私の人生で何が起こっているのか知っていますか?
イエスはヨハネ14:6の聖書(聖書)で、彼は天国への道であると教えてくださいました。 彼は言った、「私は道であり、真実であり、人生です。私を通して以外、だれも父のもとに来ることはありません。」 聖書は、イエスが私たちの罪のために死んだことを教えています。 それは私たちが永遠の命を持つために彼を信じなければならないことを教えています。

ペトロの手紙一2:24は、「自分の罪を木の上で自分の体に負わせたのは誰か」と言い、ヨハネ3:14-18(NASB)は、「モーセが荒野で蛇を持ち上げたように、息子もそうしなければなりません。人間のを持ち上げて(14節)、彼を信じる者は誰でも永遠の命を得ることができます(15節)。

神がこの世をとても愛されたので、彼は彼の唯一の先祖の息子を与えられました。彼を信じる者は誰も滅びるべきではなく、永遠の命を持つべきです(詩16)。

なぜなら、神はこの世を裁く(非難する)ために御子を世に送り込んだのではありません。 しかし、世界は彼を通して救われるべきです(17)。

彼を信じる者は裁かれません。 信じない者は、独り子である神の子を信じていないので、すでに裁かれています(18節)。」

36節「御子を信じる者には永遠のいのちがあります…」も参照してください。

これは私たちの恵みの約束です。

ローマ人への手紙第10章9〜13節は、「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」と言って終わります。

使徒16:30&31は、「それから彼は彼らを連れ出し、 『サー、救われるために私は何をしなければならないのか』と尋ねました。

かれらは言った。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたとあなたの家族は救われるでしょう。」

あなたの愛する人が彼または彼女が天国にいると信じているならば。

私たちがイエスと一緒にいることを除いて、主が戻る前に天国で何が起こるかについて語っている聖書はほとんどありません。

イエスはルカ23:43で十字架上の泥棒に、「今日、あなたは私と一緒に楽園にいるでしょう」と言われました。

聖書はコリント第二2:5で、「私たちが体から離れているなら、私たちは主と共にいる」と言っています。

私が見る唯一の手がかりは、天国にいる私たちの愛する人たちが私たちを見ることができることを示しているのは、ヘブライ語とルーク語であることを示しています。

一つ目はヘブライ12:1で、「それゆえ、私たちには非常に大きな証人の雲があるので」(著者は私たちの前で死んだ人々、過去の信者について語っています)「私たちを取り巻くすべての邪魔と罪を脇に置きましょうそれはとても簡単に私たちを巻き込み、私たちの前に設定されているレースに耐えて走らせてくれます。」 これは、彼らが私たちを見ることができることを示しています。 彼らは私たちがしていることを目撃します。

2番目はルーク16にあります:19-31、金持ちとラザロのアカウント。

彼らはお互いを見ることができ、金持ちは地球上の彼の親戚に気づいていました。 (全文を読んでください。)この箇所はまた、「死者の中から一人を彼らに話しかける」という神の応答を示しています。

神は私達が媒体に行くかまたはséancesに行くことのように死者に連絡することを試みることを厳しく禁じます。
そのようなことから離れて、聖書の中で私たちに与えられた神の言葉を信頼するべきです。

申命記18章9〜12節は、次のように述べています。「あなたがあなたの神、主があなたに与えてくださる地に入るとき、そこにある国々の忌まわしい道をまねることを学ばないでください。

息子や娘を火の中に生け贄に捧げる人、占いや魔術を習う人、予言を解釈する人、魔術に従事する人、呪文を唱える人、ミディアムまたはスピリスト、あるいは死者の意見を聞いた者は誰もいないでしょう。

これらのことをする者はだれでも主に忌み嫌われ、これらの忌まわしい慣行のために、あなたの神、主はあなたの前にこれらの国々を追い出されるであろう。」

聖書全体は、イエスについて、私たちのために死ぬために来られたことについてのものです。ですから、私たちは彼を信じることによって罪を赦し、永遠の命を得ることができるでしょう。

使徒行伝第10章48節は、「すべての預言者は、彼の名によって、彼を信じるすべての人が罪の赦しを受けたことを証ししています」と述べています。

使徒13:38は、「それゆえ、私の兄弟たち、イエスを通して罪の赦しがあなたに宣べ伝えられていることを知ってほしい」と言っています。

コロサイ1:14は、「彼は私たちを闇の領域から救い出し、私たちを彼の愛する息子の王国に移しました。私たちが贖い、罪の赦しを持っているからです。」

ヘブライ人への手紙第9章を読んでください。22節は「血を流さなければ許しはありません」と述べています。

ローマ人への手紙第4章5-8節には、「信じる者、その信仰は義とみなされる」と書かれており、7節には、「不法な行いが許され、罪が覆われた者は幸いです」と書かれています。

ローマ人への手紙第10章13節と14節はこう述べています。「主の御名を呼び求める者はだれでも救われるでしょう。

彼らはどのように彼らが信じなかった者に彼を呼び求めるのでしょうか?」

ヨハネによる福音書第10章28節で、イエスは彼の信者について、「そして私は彼らに永遠の命を与え、彼らは決して滅びることはない」と述べています。

私はあなたが信じたことを願っています。

死後どうなる?
あなたの質問に答えて、イエス・キリストを信じる人々は、私たちの救いのための彼の備えで、神と共にいるために天国に行き、不信者は永遠の罰に非難されます。 ヨハネによる福音書第3章36節は、「息子を信じる者には永遠の命があるが、息子を拒む者には命が見えない。神の怒りが彼に残っているからだ」と述べています。

あなたが死ぬとき、あなたの魂と精神はあなたの体を去ります。 創世記35章18節は、レイチェルが「彼女の魂が去っていったので(彼女が死んだので)」と言って死んだことを告げているとき、これを示しています。 肉体が死ぬと、魂と精神は去りますが、それらは存在し続けます。 マタイによる福音書第25章46節では、不義について語るとき、「これらは永遠の罰になりますが、義人は永遠のいのちになります」と書かれているとき、死後に何が起こるかは非常に明白です。

パウロは信者に教えるとき、私たちが「体から離れた瞬間、私たちは主と共にいる」と言いました(コリント人への第一の手紙第5章8節)。 イエスが死からよみがえられたとき、彼は父なる神と共におられました(ヨハネ20:17)。 彼が私たちに同じ人生を約束するとき、私たちはそれがそうなること、そして私たちが彼と一緒にいることを知っています。

ルカ16:22-31には、金持ちとラザロの記述があります。 義にかなった貧しい人は「アブラハムの側」にいましたが、金持ちはハデスに行き、苦しんでいました。 26節では、彼らの間に大きな隔たりがあり、そこに入ると不義な人が天国に渡ることができなかったことがわかります。 28節では、ハデスを苦痛の場所として言及しています。

ローマ人への手紙第3章23節には、「すべての人が罪を犯し、神の栄光に満たない」と書かれています。 エゼキエル18章4節と20節は、「罪を犯した魂(そして人を表す魂という言葉の使用に注意)は死ぬ…悪しき者の邪悪さは自分自身にある」と言っています。 (この意味での聖書の死は、黙示録20:10,14&15のように、肉体的な死ではなく、ルカ16に見られるように、永遠に神から離れ、永遠の罰です。ローマ6:23は、「罪の報いは死です」と述べています。そしてマタイ10:28は、「地獄で魂と体の両方を破壊することができる彼を恐れなさい」と言っています。

ですから、私たち全員が不義な罪人であるため、誰が天国に入り、永遠に神と共にいることができるのでしょうか。 どうすれば死刑から救われたり身代金を払われたりすることができますか。 ローマ人への手紙第6章23節も答えを示しています。 「神の賜物は、私たちの主イエス・キリストを通しての永遠のいのちです」と言われているので、神は私たちの救いに来られます。 ペテロ第一1:1-9を読んでください。 ここでは、ピーターが、信者が「滅びたり、台無しになったり、消えたりすることのない相続をどのように受けたかについて話し合っています。 永遠に 天国で」(4節NIV)。 ペテロは、イエスを信じることが「信仰の結果を得て、あなたの魂を救う」ことにどのようにつながるかについて語っています(9節)。 (マタイ26:28も参照。)フィリピ2:8&9は、神との平等を主張したイエスは「主」であり、彼が彼らのために死んだと信じなければならないことを誰もが告白しなければならないと告げています(ヨハネ3:16;マタイ27:50 )。

イエスはヨハネによる福音書第14章6節で次のように言われました。 わたしを通して以外、だれも父に来ることはできません。」 詩篇2:12は、「息子にキスをしなさい。彼が怒り、あなたが邪魔をして滅びないように」と言っています。

新約聖書の多くの箇所は、イエスへの信仰を「真理に従う」または「福音に従う」、つまり「主イエスを信じる」と表現しています。 ペテロ第一1:22は、「あなたは御霊を通して真理に従うことであなたの魂を清めました」と言っています。 エペソ人への手紙第1章13節はこう述べています。 信頼されている、あなたが真理の言葉、あなたの救いの福音を聞いた後、あなたもまた信じていたので、あなたは約束の聖霊によって封印されました。」 (ローマ10:15とヘブライ4:2も読んでください。)

福音(良いたよりを意味する)はコリント人への第一の手紙第15章1-3節で宣言されています。 「兄弟たち、私があなたに説教した福音をあなたに宣言します。あなたもそれを受け取りました…キリストは聖書に従って私たちの罪のために死にました、そして彼は埋葬され、三日目に再び起き上がった…」イエスマタイによる福音書第26章28節で、「これは、罪の赦しのために多くの人に流される新しい契約のわたしの血です」と述べました。 ペトロの手紙一2:24(NASB)は、「彼自身が私たちの罪を十字架上の彼自身の体に負わせた」と言っています。 テモテへの手紙第2章6節は、「彼は自分の人生にすべての人の身代金を与えた」と言っています。 ヨブ33:24は、「彼が穴に降りるのを惜しまないでください。私は彼の身代金を見つけました」と述べています。 (イザヤ53:5、6、8、10を読んでください。)

ヨハネによる福音書第1章12節は、私たちが何をしなければならないかを語っています。 ローマ人への手紙第10章13節は、「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」と言っています。 ヨハネ3:16は、彼を信じる者は誰でも「永遠のいのち」を持っていると言います。 ヨハネ10:28は、「わたしは彼らに永遠のいのちを与え、彼らは決して滅びることはない」と言っています。 使徒16:36で、「救われるために私は何をしなければならないのか」という質問があります。 「主イエス・キリストを信じなさい。そうすればあなたは救われるでしょう」と答えました。 ヨハネによる福音書第20章31節は、「これらは、イエスがキリストであると信じ、彼の名によって命があると信じることができると書かれています」と述べています。

聖書は、信じる人々の魂がイエスと共に天国にいるという証拠を示しています。 黙示録6:9と20:4で、義にかなった殉教者の魂が天国でヨハネに見られました。 マタイ17:2とマルコ9:2でも、イエスがペテロ、ヤコブ、ヨハネを連れて高山に導き、そこでイエスは彼らの前で変貌し、モーセとエリヤが彼らに現れ、彼らはイエスと話していました。 弟子たちが彼らを認識し、彼らは生きていたので、彼らは単なる霊以上のものでした。 フィリピ1:20-25で、パウロは「キリストを離れて一緒にいることは、はるかに良いことです」と書いています。 ヘブル人への手紙第12章22節は、「あなたはシオンの山と、生ける神の町、天のエルサレム、無数の天使たち、総会と教会(すべての信者に与えられた名前)に来ました。 )天国に在籍している長子の。」

エペソ人への手紙第1章7節は、「彼の恵みの富に応じて、私たちは彼の血によって贖い、私たちの不法侵入の赦しを持っています」と述べています。

私の死後、聖霊はどこへ行くのでしょうか。
聖霊は至る所に存在し、特に信者の中に存在します。 詩篇139:7&8は、「あなたの霊からどこへ行けますか? 私はあなたの存在からどこに逃げることができますか? 私が天に上るなら、あなたはそこにいます。私が奥深くにベッドを作るなら、あなたはそこにいます。」 すべての信者が天国にいるときでさえ、至る所に存在する聖霊は変わらないでしょう。

聖霊はまた、彼らが「新たに生まれた」、または「霊から生まれた」(ヨハネ3:3-8)瞬間から信者の中に住んでいます。 私の意見では、聖霊が信者の中に住むようになると、彼は結婚のような関係でその人の霊に加わります。 コリント人への第一の手紙第6章16b&17節「 『二人は一つの肉になる』と言われているからです。 しかし、主と一致する者は誰でも、精神的に主と一致します。」 私が死んだ後も、聖霊は私の霊と一致し続けると思います。

私たちは死んだ後に私たちの過去の人生を覚えているだろうか?
「過去の」人生を思い出すという質問に答えて、それはあなたが質問によって何を意味するかによります。

1)。 あなたが生まれ変わりについて言及しているなら、聖書はそれを教えていません。 別の形で、または聖書の別の人として戻ってくることについての言及はありません。 ヘブル人への手紙第9章27節は次のように述べています。 かつて 死ぬこと、そしてこの後の判断。」

2)。 私たちが死んだ後、私たちの人生を思い出すかどうかを尋ねているなら、私たちが私たちの人生の間にしたことについて判断されるとき、私たちはすべての行為を思い出します。

神は過去、現在、未来のすべてを知っておられ、神は彼らの罪深い行いのために不信者を裁かれ、彼らは永遠の罰を受け、信者は神の国のために行われた彼らの働きに対して報われるでしょう。 (ヨハネの第3章とマタイ12:36&37を読んでください。)神はすべてを覚えておられます。

すべての音波がどこかにあることを考えると、私たちが今私たちの記憶を保存するための「雲」を持っていることを考えると、科学は神ができることにほとんど追いつき始めていません。 神に検出できない言葉や行為はありません。

話す必要がありますか? 質問がありますか?

あなたが霊的ガイダンスのために、またはフォローアップケアのために私達に連絡したいと思うならば、私達にに自由に書いてください。 photosforsouls@yahoo.com.

私たちはあなたの祈りに感謝し、永遠にあなたに会えるのを楽しみにしています!

 

「神との平和」はこちら